忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

主の山に備えあり

 ある人が私に言った、「クリスチャンはね、時には神に不平不満を訴えることがあってもいいのですよ。『何故ですか、主よ?』と、神の胸ぐらをつかんで抗議し、主と直談判するような瞬間があってもいいのですよ。それは主とあなただけの時間です。主があなたに求められるのは、あなたが純粋で、正直であること、神の御前に自分の心を包み隠さず、弱さも、不満も、何もかもをさらけ出し、自分をまるごと御手に委ねることなのです。」

 神と二人きりの直談判の時間を、私は今日、ある場所で持った。そういう時、私はノートを携えてとある店へ行く。黙って机に向かい、心の丈を祈りとして文章に書き出す。
 書いているうちに、文章が次第に主への苦情になってきた。一体、何度、主は私の生活の平穏を奪われたら気が済まれるのか。いくら地上には人の居場所はないと言っても、生まれたその日から、落ち着き先がなく、望みを持ってどこかに移住しても、その移住先が次々と奪われるのでは、あまりにも不当ではないか。今度はどこへ行けと主はおっしゃるのか。そこでも、再び平安を奪われないという保証がどこにあるのか。主はあまりにも私の信仰を買いかぶっておられる、この波乱万丈な人生という贈り物は、私にはあまりにも荷が重すぎて負いきれない…。

 私は元々逆境に強い人間ではない。試練にある時、力強く立ち向かい、主の備えを堅く信じられるだけの信仰心が、ない。一言で言えば、私はきわめて臆病で、信仰の薄い、弱腰な人間の一人なのだ。だから、今までにも、何か大きな苦しみや混乱がやって来ると、いつも心に思ったものだ、そろそろ、このあたりで人生が終わっても、別にどうということはないのではないか。悪魔に太刀打ちできずに、志半ばで人生を終えたとしても、それが何だろう、私の弱さを考慮すれば、全ては仕方がないこと、誰が私を責められるだろう。それに、主の御許で安息できるなら、地上の生がどんな形で終わりを告げようと、別に問題はないどころか、むしろ、それこそが、私の望みなのだ。たとえ敗北としか見えない形であっても、この人生に終止符が打たれるならば、どんなに楽になれるだろう…。

 伝道の書にあるとおり、人の地上での生活とは、積み上げても、積み上げても、壊れるばかりで、残るものは何もない。人は塵に過ぎず、悪魔の攻撃に耐える力をしょせん持たない。人の罪はあまりに深く、その思いは曲がりきっていて、救いようがない。人は神の怒りの前に誰一人、立ち果せる資格がない。義人ヨブでさえ懲らしめられたのだから、まして悪人はどんなに罰せられても、文句を言う資格がない。人は皆、死すべき存在なのだ。死すべき存在なのだ! 
 だが、そんな自明の理を、私を通して証明するためだけに、主は私を造られたのだろうか?

 それで終わったのでは、キリストの御救いの意味はどこにあるだろう。主の十字架があるのに、なぜ人はなお呪いと、罪の報いをいつまでも背負って生きなければならないのか。生涯に一日たりとも安心して枕することのできない人生を人間にお与えになることが、神の御心なのだろうか。そんなはずはない。神のいつくしみとまこととは、絶えることがないと聖書に書いてあるではないか。神は憐れみ深い方であるはずではないか…。

 主よ、あなたの憐れみはどこにあるのですか?

 こうして、主と問答しながら、どうやって生きるべきなのかを思い巡らした。私は疲れ切っていた。どこに生きていく力と、希望を求めればよいのか? 私が最も望む居場所は、天であり、御国である。主イエスの御許で安らぐことこそ、全てに増す私の願いである。(それを望まないクリスチャンが一人でもいるだろうか?)
 けれども、もしも、今すぐ主イエスと共にパラダイスにおりたいという願いかなわないならば、この地上のどこかで命をつながねばならない。だが、ただ生きるだけの人生はもう御免だ。そこに主の導きがあり、守りがあると分からない限り、私はどこにも動くつもりはない。闇雲に彷徨うのでは何の希望もない。「私を祝福して下さるまではあなたを去らせません」と言ったヤコブのように、私は強情にその場に立ち尽くした。主よ、導きを下さい、それがあるまで私は動きません、と。どこに主の御心にかなう、平安に暮らせる場所があるだろうか?

 そうして思い巡らしているうちに、ふと窓の外に目をやると、この土地ではまず滅多に見かけることのないナンバーの車が駐車場に止まっていた。人はどう思うか知らないが、私にはそれが全く偶然の出来事であるようには思えなかった。
 普段ならば、こういう現象を通して、主の御心を探ろうとすることは私にはない。どんなに珍しい現象であっても、それを安易に信じるのは危険だからだ。カルト化教会でも何度もこの手の符号の一致には騙されてきたのだ。何らかの符号の一致があったからと言って、どうしてそれが御心だとすぐに言えよう。そういうもので自分を喜ばせるのは、危険だ。だが、その時ばかりは、事情が違っていたように思う。(そのナンバーは、エクレシアを想定させるものだったのだ。)

 私にはこう感じられた、主は私の心に残っている希望を最後までご存知であると。
 私の心、私の宝がどこにあるか、ご存知であると。
 私の宝とは、地上の財産ではなく、キリストの御身体なるエクレシアのことであり、主にある兄弟姉妹のことである。
 私の願いは、この地上にあっても、やがて天にあっても、ただキリストのおられるところに、キリストの平安の中に、私もおりたいということだけである。
 その願いが、主の御心に反するだろうか。
 その願いを与えて下さったのは主であり、主は必ず道を開いてくださると言えないだろうか。
 だから、それを信じて、一歩を踏み出せばよいのではないか。

 この状況は主が導いておられるのだ、初めてそう思えて、希望がわいてきた。今いるソドムから脱出する道を、主は必ず備えて下さるだろう。ある事件が起こることを神が許される背景には、いつも、それなりの理由がある。私には分からなくとも、そこにはご計画があり、今よりも良い状況が用意されているはずなのだ。だから、愚痴と泣き言を捨てて、主を信じて、歩き出そう。主の山に備えがあることを信じ、主の完成された御業を誉めたたえよう。

 神にむかって歌え、そのみ名をほめうたえ。
 雲に乗られる者にむかって歌声をあげよ。
 その名は主、そのみ前に喜び踊れ。
 その聖なるすまいにおられる神は
 みなしごの父、やもめの保護者である。
 神は寄るべなき者に住むべき家を与え、
 めしゅうどを解いて幸福に導かれる。<…>
 神よ、あなたは恵みをもって
 貧しい者のために備えられました。<…>
 日々にわれらの荷を負われる主はほむべきかな。
 神はわれらの救である。
 死からのがれ得るのは主なる神による。 (詩篇68篇4-6,10,19-20)

 私の願いではなく、御心がなりますように。
PR