忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。

町はすっかり閑散として、買い物にでかけると、客がすれ違う客に敵対的な眼差しを向け、店員から話しかけられることにさえネガティブな反応を示す場面も見られる。公共交通機関でも、人々は自分が感染者とみられることを極度に恐れつつ乗車しているかのように見受けられる場面もある。

阪神大震災・東日本大震災の直後には、巷に溢れる悲劇的なニュースは大いに同情と共感を呼び、みなで苦難を分かち合い、乗り越えようとの雰囲気があった。しかし、今回のウィルス騒動では、同じ苦難をともにしている者同士、団結して乗り越えようという雰囲気は見られず、むしろ、より人々の分断化が進み、責任の押し付け合いがあり、隣人同士が互いを警戒し合ったり、品物を奪い合う競争者になってしまうような殺伐としたニュースも飛び交っている。

何か大きな時代の変わり目が来て、これまでの国の方針そのものが揺らぎ始めているのを感じる。裁きの時が来たとまでは言わないが、国の施策はことごとく裏目に出て批判を浴びており、自粛モードの中で、ゴールデンウイーク中の楽しいバカンスや、オリンピックの話題なども、すっかりどこかへ消え去り、口にすることもはばかられる状況になり、いかにしてパンデミックの阻止だけでなく、不安心理の拡大が、暴動や騒乱や政変に結びつくことを防ぐかに心血を注ぐべき状態になったという印象だ。
 
とはいえ、筆者はごく普通の日常生活を続けているだけで、買い占めにも走らず、日常生活に支障をきたす事態にも遭遇していない。震災の時もそうであったが、被害と無縁の地域にはいなかったはずなのに、なぜか筆者の周りには、深刻な被害にあったという人もほとんど現れない。

緊急事態宣言へ向けての法整備が行われるとかいった物騒な話が流れる中でも、筆者は、ただこれまで以上にごく普通の日常生活を送らねばならないと要求されているだけのような気がする。閑散とした町で、日々の通勤を続けることや、相変わらず、こなさねばならない予定に着手することは、それ自体がチャレンジである。

我が国がこれを機にどういう方向へ向かうかは知らないが、筆者の個人の人生において、問われているのは、ただ自分自身の心だけである。

あなたは恐れて退却し、打ち負かされるのか、それとも、立ち向かって勝利を得るのか。
 
ジョージ・ミュラーはすべてのことについて、神に祈れと勧めた。届いた荷物をくくっている紐の結び目が解けない、といった些細な問題についても、神に祈れと。
 
もちろん、声に出して祈ったりしない。神頼みするわけではない。しかし、私たちの内におられるキリストは、すべての問題に対する解決である。
 
だから、この方が共におられるのに、行きづまりなどが、どうして訪れようか。
 
* * *

筆者は最近、物事の本当のありようが、見かけとは正反対であるということに、気づくようになった。

人前に立って演説をし、注目を集めたがる人間の中に、真の実力者はいたためしがない。口達者で饒舌でネットワークを築くことに熱心な人間の中に、真の知恵者がいたこともない。

大勢の人々に囲まれ、人気を博しているように見える人間が、その反面、孤独な悩みを持て余していなかったことはない。

うわべだけパフォーマンスが得意で、さも自分には優れた能力があり、知恵があるかのごとく見せかけることに巧みな人間は、ことごとく詐欺師の類と考えてよい。

その原則は、牧師が神の代理人ではない、というのと同じである。

神に選ばれているかどうかは、うわべだけのパフォーマンスによって決まるものではないのに、見せかけの立場によって、自分が「選ばれた人間」であることを証明しょうとする人々は、ことごとく、選びから漏れていると考えて差し支えない。

つまり、自分たちは神に選ばれた人間であるという名札を下げて集まっているキリスト教という一大集団では、真実性が極端に薄れ、失われているということである。
 
だが、信仰と関わりのない人間社会にも、同じ原則が当てはまる。弁舌巧みで、パフォーマンスに優れ、コネを結ぶのが大得意な人間に、実力や、真実性や、誠実さがあるかどうかは、試してみれば、すぐに明らかになる。

試さないでうわべだけのパフォーマンスを真に受けているから、いつまで経っても、詐欺師を詐欺師と見抜けないまま騙されて終わるのである。

過去には「ヴィオロンさん、私はあなたを助けてあげたいんですよ」などと言って近づいて来る人々もいたが、残念ながら、そんな風に、他人の弱みを見つけ出しては、かいがいしく助力者をきどろうとする人々が、真に助力者の名に値する人間だったことは、一度もない。
 
聖書的な事実に照らし合わせても、それは偽りではない。なぜなら、真の助力者とは、見えないキリストご自身だけであって、目に見える人間はことごとく頼りとはならないからだ。

だとしたら、目に見える人間が、弁舌の巧みさ、パフォーマンスの巧みさ、優れた仕事ぶり、人的ネットワーク、「実力の程」などを誇っていたら、どうだろうか?

ある人々が、自分には高い地位がある、職責がある、俸給がある、豊かさがある、だから、ヴィオロンのごとき貧しい人間とは違う、などと誇っていたら、どうだろうか?

まず、それは詐欺師の類と考えて差し支えない。

彼らは、人前で己が富と権勢を誇っているのではなく、主の民の前で、当てにならないものを誇っているだけなのだ。よって、彼らが凋落するのは避けられない。

この人たちのパフォーマンスは、すべて自分の愚かさ、無能さ、空虚さを覆い隠すための嘘、時間稼ぎでしかないからだ。

だが、彼らは「毒麦」として、刈られるその日が来るまでは、放置されるだろう。いつか裁きの時が来て、何が実体の伴う本物であり、何が空虚な偽物であるかが、試され、明らかにされる日が来る。うわべだけの内実のないパフォーマンスでは、生き残れないし、無能な役立たずとして放逐される日がやって来る。

時が縮まっており、その日が驚くほど駆け足で近づいて来ていることを筆者は感じている…。
 
* * *

以前から、当ブログでは、労働は、人が自己の罪を自分で贖うための救済手段であるため、本質的に神の救いに敵対している、と書いたことがあった。そして、そのような悪しき文脈を離れた仕事のあり方を模索せねばならないと。
 
しかし、この問題についての考察を推し進めて行く中で、筆者が改めて気づいたことがある。
 
この世においては、賃金が払われている限り、対価としての労働を提供するのは当然であるから、雇われている人間が、その立場を捨てずに、以上の仕組みから脱出することはできない。

とはいえ、その世界でも、高給で雇われている人間が、低賃金で雇われている人間以上の働きをしさえすれば、賃金格差が不公平を招くという問題は解消されるのだ。

問題は、世の中がその逆を行っているところにあり、若くスキルもなく低賃金で雇われている未熟者が、人一倍苦しい労働を押しつけられる一方で、経験豊富で年齢も高くスキルもあるはずの高給取りが、その上に君臨してふんぞりかえって遊びながら、舌先三寸で空虚で的外れな命令を下し、不労所得にも近い俸給を得ているところに、不公平の源があるのだと・・・。

賃金格差は、支払われている賃金に見合った労働が提供されれば、なくなる。そこで、経験豊富でスキルの高い高給取りが、誰よりも大変で責任の重い仕事を必死になってこなし、他方、低賃金で雇われている未熟者が、彼らの何倍も負担の軽い仕事をするようになれば、格差などといった概念そのものが消えうせるのだ。

かつて手束正昭というカリスマ運動を率いる牧師が、『教会生活の勘所』という著書の中で、「霊の父・母」である牧師夫妻は、信徒の模範としての威厳を保つために、決して自ら教会のトイレ掃除などしてはいけない、などと書いていたが、これはとんでもない偽りであり、聖書の事実は、それと真逆である。

主イエスは、偉くなりたい人こそ、他の人々に仕えなさい、と教えたのであるから、まず、御言葉の奉仕者である牧師夫妻こそ、信徒の模範として、率先してトイレ掃除に従事すべきなのである。

安定した献金を得ている大教会の牧師が、立派な服を着て壇上に立って信徒たちに向かって偉そうに説教を語る前に、誰にも告げずに膝をかがめてトイレ掃除をすれば良いのである。そこから始まり、すべての雑用を自らこなすべきである。

なぜなら、キリストは、実際に、ご自分がひざをかがめて、弟子たちの汚れた足を水できれいに洗われたからである。牧師たちが、まず汚れ仕事を率先して担うようになれば、それを見た他の信徒たちも、その姿にならう日も来よう。

そういうわけで、高給をもらっている年配者たちは、若者たちの前で、自ら模範となって、自分の手を汚して、苦しい労働を率先して引き受けるべきなのである。自分の仕事がいかに楽であるかを他の人々に思い知らせるために、可能な限り働かず、権威をふりかざして君臨し、偉そうに説教し、役職を書いた名札をぶらさげて、無意味な会議に延々と明け暮れるために、仕事をするのではいけない。

そんな仕事ぶりでは、誰からの尊敬も受けられず、 年齢は、自分だけがずるく立ち回って楽をするための狡知を生み出すための時間としかみなされず、高齢者への憎しみは増し加わって行くだけであろう。
 
もちろん、これは理想論であるとはいえ、実地にも適用可能であるということに、筆者は気づき始めた。

多くのスーパーなどでは、高齢者のための割引がある。高齢者はお金を持っているから、割引することで、さらに消費欲を刺激しようという店側の作戦なのであろう。他方、若者には金がないから、もともと豪奢に散財するはずもなく、どうせ半額セールを狙ってやって来るような客に、割引してやったところで、もとが取れないという考え方なのである。

だが、筆者の考えはそれとは逆であり、若者には、今、手元に何もないからこそ、社会が彼らに未来を与えてやるために、投資しなければならない、というものである。時間的余裕も必要であれば、経済的余裕も必要である。

その余裕を若者(そして若者とは呼べない不況世代も含め)に与えるために、全社会的なアファーマティブ・アクションを実施する必要があり、それを早急にしなければ、この国はもう持たず、未来がない、というのが筆者の考えである。

就職氷河期への支援などは大海の一滴に過ぎず、全社会的アファーマティブ・アクションが必要なのである。すでに人生の安全圏に滑り込んでいる高齢者や、子供のいる家庭、金持ち世帯への優遇策ばかりを頭をひねって考えるのではなく、今、何も持っていない乏しい若者の未来のために、社会が投資をしてやらねばならない。

それができなければ、少子化など解消されるはずもなく、労働力の不足も補うことはできないまま、いずれ町には高齢者が溢れ、介護を必要とする者が溢れ、それを助ける者もなくなり、国は滅亡へ向かうだけである。

他人が困っているときに、残酷にそれを見捨てて、踏みつけにし、嘲笑して来た人間が、どうして自分が困ったときに、他人の助けを受けられようか。老いては自分が見捨てられ、踏みつけにされ、嘲笑されるだけである。

そうならないためには、相互扶助が成り立たなければならないのであって、強い者がその強さを行使して弱い者を助ける社会が成立していなければならないのである。

* * *

そういうわけで、筆者は、筆者よりも強い者が、筆者のために何をすべきか、また、筆者が筆者よりも弱い者のために、何をすべきかを考えている。日々の生活は、そのための実験場であり、そのために労することが、筆者の労働であり、奉仕である。

この世がいかに絶望的に見えても、正しいことは、それなりに実行可能であり、主張し、行いさえすれば、ちゃんと実現することができる。

そこで筆者は、これ以上、むなしいものに注目しないために、うわべだけの見かけ倒しのパフォーマンスや、「自分たちは特別に選ばれているから、あなたとは違う!」などと豪語する人々の自慢話には、全く耳を傾けないことに決めた。

ノアが箱舟建設していた時も、きっとそんな有様だったろうと思う。地元住人たちのうち、誰がその作業の意味を理解したであろうか。嘲笑の的にしかならなかったに違いない。地元住人たちは、自分たちの幸福と安寧は永遠に続くと考え、自分たちこそ選ばれた者だと考えていたため、ノアがなぜその世界を脱出するために箱舟など作っていたのか、一切、思い当たる理由もなかった。ゆえに巨大な箱舟建設は単なる嘲笑の的だったに違いない。
  
地元住人たちは自分の幸福に酔いしれ、その世界はいつまでも安泰だと自慢話を続けていたが、その自慢話は次の一言に集約される、「わたしたちは女王の座に就いており、やもめではないから、孤独を知らない!」

もちろん、それは女王バビロンのつぶやきである。私たちは安全圏に滑り込んだ、豊かになって、乏しいことは何もなく、たくさんの愛人たちや取り巻きもいるため、孤独とは一切無縁であり、心配することなど何もないと・・・。

だが、本物の女王がそんなことを言うはずがない。自慢話をするのは、本当に高貴な身分を有さない僭称者だからである。偽り者だからこそ、自分が本物だと語らずにいられないのだ。

だから、頼りにならないものを頼り、幸福でないものを幸福と偽り、不正にまみれた富を誇り、偽物の王が本物を自称する・・・、そんなむなしい会話の共犯者とされないために、筆者はその会話からは遠ざかることにした。

筆者は心の中で言う、多くの人々は、勝敗はすでに着いた、などと言って、自分の栄耀栄華を誇っているが、まだ勝負の場は終わっておらず、筆者の待っている人は、ここには現れていないと。約束の時間は、まだ来ていないし、本物の王は現れておらず、その王は、自分がやって来たときに、各自の隠れた働きを見て、それを評価すると言われたのだから、筆者はその時を目指して走っていると。

彼らは、他人を可哀想がることで、自己の優位性を感じることを、よすがとしているのかも知れないし、己が富や権勢を誇ることで、他人を駆逐できると勘違いしているのかも知れないが、筆者には、可哀想がられる筋合いもないため、余計なお世話だと思っているし、富や権勢を見せびらかされたからと言って、それを羨むこともない。

筆者が何ら不憫がられる立場にないことは、筆者に日々与えられている課題が、達成不可能なノルマでないことによって、逆説的に証明されている。

こうして、筆者は、誰がどんなに気を逸らそうとしても、ただ自分の分を果たすだけで、人々が誇示する「可哀想でなくなる」ためのヒエラルキーの階段を膝でのぼらず、彼らが自己の優位性として見せびらかしている善悪知識を得るために手を伸ばすこともしないと決めた。

筆者は、かつて裁判官が果たしているような役割を自分も果たしたいと望んだが、今は、その知識と権力の階段をさらに上に上って行くことで、さらなる決定権を持ちたいとは望まない。

そうした判断や決定は一定の効果を持つし、何よりも正義を判断するという仕事には、非常に大きな魅力と、きらびやかさと、権力も伴うが、筆者はそうした仕事の中に真実や正義が見いだせるわけでないことをよく知っているし、何よりも、自分よりも貧しい者たちを罪に定め、虐げるための所業に加担したくない。

それゆえ、筆者は人の考える「善悪知識」から離れ、人の上に立つ権力を求めず、自分よりも貧しい者たちから自分で取立をしないため、かえって、人の注目する知識と判断の全く伴わない領域に去ることに決めた。いや、去ることに決めたというより、筆者はそれに関わってはならないという結論が自然と出て来たのである。
 
そうして訪れたのは、判断しているようで、していない領域、罪に定めているようで、定めていない領域、悪人がいるようだが、いない領域、徴収しているようだが、していない領域だ。

こうして、人の考える正義を貫くために作られたピラトの階段に背を向けることは、人が誉だと考えるものに背を向け、むしろ、敵意と嘲笑の中で箱舟建設をすることにも等しく、その意味を理解する者も少ないであろうが、その生き方は、孤独と見えても、孤独ではない。なぜなら、見えない領域で、ちゃんとその働きを見て評価する「王」がいるからだ。

人目を集め、何か派手なことを達成しているように見えながら、その実、真実性もなければ、公平性もない空虚なパフォーマンスにはこれ以上、加担したくない。

この世からの権勢も、知識も、権力も、栄誉も、賞賛も必要ない。他人の評価など全くどうでも良いことであるから、ただ自分の心の中で、偽りがないと信じられる生き方を貫き、人の目に正しいと認められるのではなく、神の目に正しいと認められる人生を目指すのみである。
 
「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」(マルコ10:42-45)
PR