忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。

この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません。」(ガラテヤ5:1)

主のための霊的戦いを本当に最後まで貫徹し、勝利をおさめたいならば、私たちは徹底して、神の御前に孤独な単独者として歩まねばならない。

このことを筆者は幾度、痛感させられ、そして幾度、失敗を経験してきたか分からない。だが、神は根気強く筆者に教えて下さる。目に見えるものに頼ってはならないと。もしそれができなければ、私たちは戦いの途中で敗北者になるしかないと。

多くの人々が、主の御前で孤独や、貧しさを味わうことを忌み嫌い、信仰のゆえの苦難を蔑み、嘲笑って、去って行った。そして、筆者自身も、幾度、人々の誇らしげな自慢話を聞いては、打ちのめされ、そうした苦難を負うことをやめたいと思ったか分からない。

だが、その度毎に神が筆者に教えられるのは、もしも私たち信仰者が、神の御前で、孤独でつつましいやもめのように歩むことを忌み嫌い、人前に虚勢を張り、手っ取り早く栄光を受けようと、見えない神御自身だけに頼ることをやめて、孤独を埋め、己の欲を満たしてくれそうな様々な目に見えるアイテムーー目に見える人、事物、組織、制度――に助けを求めるならば、私たちの信仰は、必ず、弱められるということだ。

いや、弱められるだけではない。私たちは破滅に向かって行くことになる。ちょうど髪の毛を切られたサムソンと同じように、デリラの策略にまんまと翻弄されて、やがて奴隷のように引いて行かれ、苦役に従事させられることになる。

デリラとは、人間の古き人の中に働く様々な堕落した欲望そのもののことである。

だから、「女奴隷とその子を追い出せ。女奴隷から生まれた子は、断じて自由な身の女から生まれた子と一緒に相続人になってはならないからである」(ガラテヤ4:30)との御言葉は、私たち自身が、自分の古き人とそれに属する諸々の堕落した情欲を主と共なる十字架の死に渡し、それによって断ち切らるべきことを示している。

私たちが神の霊によって新しく生まれ、御霊によって生かされる「自由な身の女から生まれた子」として歩むためには、「女奴隷とその子」の生き方と訣別し、神に属する新しい人類として歩まねばならないのである。

グノーシス主義の言う「母の過ちを修正する」とは、人類が目に見えるものに心惹かれる古き人の欲望に従って、神に到達し、新しい人類になろうとする不毛でむなしい試みを指している。それは、決して古き人が十字架によって断ち切られることのない、堕落した人類の偶像崇拝の道である。なぜ偶像崇拝なのかと言えば、人は目に見えるものにしがみつくことで、自らの欲望を投影した対象を拝んでいるだけだからである。

宗教指導者に頼ろうと、この世の権威者、偉人に頼ろうと、この世の目に見えるどんな事物を愛そうとも、その時、私たちは自分の心の欲望を目に見えるものに投影し、その対象を誉め讃え、それに頼ることによって、己が欲望を拝んでいるのである。

だから、私たちはそうして目に見える人、制度、事物、教えに己が欲望を投影しては、これに頼る生き方から、離れなければならない。
 
そうした目に見える事物は、私たち自身の古き人の象徴であり、集大成である。だから、それに目に見えるものにとらわれている限り、私たちは己が欲望の奴隷でしかないのである。だが、古き人が断ち切られるためには、カルバリの死が必要なのであって、キリストと共なる霊的死が、私たちに絶えず適用されることが必要である。

私たち自身が、女奴隷とその子の生き方を否み、古き人を自ら否んで、キリストと共に死んで復活させられ、新しい命を生きることを選択しなければならないのである。

偽物をどんなに糾弾しても、そこから本物が生まれるわけでないのと同じように、古き人に属する世界全体は、死んだものであって、その死の中をどんなに探し回っても、命あるものは見いだせない。

だから、まことの命を見いだし、「奴隷の女から生まれた子」ではなく、「自由な身の女から生まれた子」として生きるためには、私たちは上にあるものを見上げ、見えない主だけを見上げ、神だけを頼りとして歩まなければならない。

それは生まれながらの自分自身からも目を離す生き方である。主は私たちにアドバイスされるだろう、あなた自身の古き人も含め、目に見える世界から、滅びゆくこの世から、視線を離しなさい! そして、上にあるものを見上げなさい!と。

その時、初めて自由がやって来る。

キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。」(ガラテヤ5:24)

「しかし、このわたしには、わたしたちの主イエス・キリストの十字架のほかに、誇るものが決してあってはなりません。この十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対してはりつけにされているのです。割礼の有無は問題ではなく、大切なのは、新しく創造されることです。」(ガラテヤ6:14-15)

「だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。これらはすべて神から出ることであって、神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。つまり、神はキリストによって世を御自分と和解させ、人々の罪の責任を問うことなく、和解の言葉をわたしたちにゆだねられたのです。」(2コリント5:17-19)

キリストはすべての支配や権威の頭です。あなたがたはキリストにおいて、手によらない割礼、つまり肉の体を脱ぎ捨てるキリストの割礼を受け、洗礼によって、キリストと共に葬られ、また、キリストを死者の中から復活させた神の力を信じて、キリストと共に復活させられたのです。肉に割礼を受けず、罪の中に死んでいたあなたがたを、神はキリストと共に生かしてくださったのです。

神は、わたしたちの一切の罪を赦し、規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました。そして、もろもろの支配と権威の武装を解除し、キリストの勝利の列に従えて、公然とさらしものになさいました。」(コロサイ2:10-15)


「さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に着いておられます。上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。あなたがたは死んだのであって、あなたがたの命は、キリストと共に神の内に隠されているのです。」(コロサイ3:1-3)
 
私たちはただキリストと共に自分の古き人が十字架で死んだ、という事実だけを握りしめているわけにはいかない。彼と共に死んだ以上、彼と共に復活させられたのであり、さらに、私たちの中にキリストが生きて下さるという事実を掴まなければならない。
 
私たちの内にキリストが生きて下さるとは、一体、どういうことを指すのか、それを知るために、以下に、オリーブ園に掲載されているA.B.シンプソンの「主ご自身」を引用しておきたい。

信じない人は、これを読んでも、全く信じず、理解もしないことと思う。だが、筆者は、これが確かに現実であって、私たち信じる者は、みなキリストご自身の命を自分の内側に掴むことができ、その命にあずかることによって、あらゆる不足を解消できることを知っている。

筆者はそのことをまだほんのわずかしか知らないとはいえ、それでも、彼が、私たちのために知恵となり、力となり、豊かさとなって下さることを知らないわけではない。また、キリストは私たちの体のための命でもあるため、私たちの体の弱さのためにも内側から命を供給して下さる。

だから、私たちは自分たちの不足を解消するために、目に見える事物を追い求めて走り回ることをやめて、キリストご自身から、自分に必要な一切のものを引き出すことを学ばなければならない。自分の弱さを感じるとき、不足を感じるとき、追い詰められて、万策尽きたように思うとき、心の内側で、静まって主に助けを乞い求めて語らい、答えを得る秘訣を学ぶ必要がある。

己が欲望を追って走っても、私たちは決して満たされることはなく、何かを掴んだと思っても、すぐにまた飢え渇きに支配されるだけである。だが、キリストは私たちを置いて去って行かれることはなく、どんな時にも、私たちが必要としているすべてとなって下さる。この方は、私たちのための知恵であり、力であり、体の命でもある。そこで、この方が内におられる限り、私たちには不足は決して生じないことを、生きて具体的に学ぶことが必要なのである。

以下のパラドックスに満ちた御言葉は、人が己が情欲を追って生きる生き方は、風をはらむようなむなしいものに過ぎないが、見えない神により頼み、キリストをまことの伴侶のごとく頼みとし、彼を知ることを追い求めて生きるならば、人が生来の力を振り絞って全力で生きても、全く到達することのできない永遠に至る実が豊かに結ばれることをよく表している。

「アブラハムには二人の息子があり、一人は女奴隷から生まれ、もう一人は自由な身の女から生まれたと聖書に書いてあります。ところで、女奴隷の子は肉によって生まれたのに対し、自由な女から生まれた子は約束によって生まれたのでした。

これには、別の意味が隠されています。すなわち、この二人の女とは二つの契約を表しています。子を奴隷の身分に産む方は、シナイ山に由来する契約を表していて、これがハガルです。このハガルはアラビアではシナイ山のことで、今のエルサレムに当たります。なぜなら、今のエルサレムは、その子供たちと共に奴隷となっているからです。

他方、天のエルサレムは、いわば自由な身の女であって、これはわたしたちの母です。なぜなら、次のように書いてあるからです。

「喜べ、子を生まない不妊の女よ。
 喜びの声をあげて叫べ。
 産みの苦しみを知らない女よ。
 一人取り残された女が夫ある女よりも、
 多くの子を産むから。」」(ガラテヤ4:22-27)

グノーシス主義すなわち偽りの教えは、人が堕落した肉の欲望の奴隷となって生きながら、同時に神の聖にまで至り着き、自由になれるかのように嘘を教える。そうした虚偽に従って、人は労働したり、あるいは奉仕したりして、自己の力を振り絞って、神の聖に到達できるかのように錯覚し、そのために一大宗教体系まで築き上げている。だが、その中でどんなに精進し、勤行を重ねても、人が自力で神に到達することはできない。欲望の奴隷は欲望の奴隷のままであり、どんなにその生き方を重ねても、自由にはなれないからである。

人が自由になるために必要なのは、己が力で精進したり勤行に励むことではなく、信仰によって、キリストと共なる十字架の死と復活にあずかり、古き人に死んで、新しい人として生かされることである。主と共に、主の命の中を生きて行く秘訣を知ることである。その時に、本当に実を結ぶとはどういうことなのかを人は知ることができよう。

さて、主と共に、まことの命である復活の主ご自身を得て生きるとは、どういうことなのか? 新しい人とはどういう人間のことなのか? かなり長いが、筆者が書き続けるよりも、説得力があるように感じられるため、A.B.シンプソンの証を引用しておきたい。

* * *

私はあなたにイエスについて、ただイエスについて話したいと思います。私はしばしば、「神の癒しが得られたらと願うのですが、得られません」と人々が言うのを聞きます。またある時、「わたしは得ました」と人々は言います。「何を得たのですか?」と尋ねると、「祝福を得ました」、「教理を得ました」、「癒しを得ました」、「聖潔を得ました」といった返事が戻ってきます。

しかし、神に感謝します。大事なのは祝福や癒しや聖潔やあなたの欲するものではなく、さらにまさったものであることを私たちは教わっています。大事なのは「キリスト」、主ご自身です。

主の御言葉の中に、主ご自身という言葉が何度も出てきます。主ご自身、私たちの弱さを負い、私たちの病を担われた」主ご自身「木の上で私たちの罪をご自身の体に負われた」のです!

私たちが欲しているのは、イエス・キリストその方です。多くの人はこの思想を得ますが、それから何も得ません。彼らは頭の中に、意識の中に、意志の中に、この思想を得ますが、どういうわけかいのちと霊の中にを受け入れません。なぜなら彼らは、霊的実際の外面的表現やしるししか持っていないからです。

私はかつて、銅板の上に巧みに彫られた合衆国憲法の絵を見たことがあります。その絵は、近くから見ると文字の羅列にすぎませんが、遠くから見るとジョージ・ワシントンの顔になるのでした。その顔は、文字の間隔の僅かな違いから浮かび上がったのです。その時私は、「これこそ、聖書を読んで神の御思いを理解する方法である。これこそ、全巻を通して輝き渡っている愛の御顔を聖書の中に見る方法である。思想や教理ではなく、いのちであり、源であり、臨在して私たちの全生涯を支えて下さる方であるイエスご自身である」と思いました。

長い間、私は潔められるために祈りました。そして、潔められたと思ったこともしばしばありました。ある時、私は何かを感じ、それを失うのを恐れて必死に握りしめ、それが去ってしまうのが怖くて一晩中起きていたことがあります。もちろんそれは、感情や気分の変化と共になくなりました。当然のことながら、私はそれを失いました。なぜなら、私はを握っていなかったからです。開かれた水路を通してからいつでも豊かに受けることができたのに、私は水ためから僅かな水を汲み取っていたのです。

私は集会に出かけて、人々が喜びについて語るのを聞きました。「自分には喜びがある」と考えましたが、私は喜びを保てませんでした。なぜなら、主ご自身を私の喜びとして持っていなかったからです。

ついに、主はとても優しく私に語りかけて下さいました。「私の子よ、私を受けなさい。私を、これらすべてのものを絶えずあなたの内で供給する者とならせなさい」。そしてついに、聖潔や自分の経験から目を離し、それらのものをわたしの内におられるキリストの上に置いた時、経験の代わりに一時の必要以上のキリスト、私が必要としているものをすべて持っておられるキリスト、一度限り永遠に私に与えられたキリストを、私は見いだしたのです。

このように主を見た時、それは大いなる安息でした。それはまったく申し分ないものであり、永遠でした。なぜなら私は、その短い時間に持てるものを持っただけでなく、将来必要になるものをも主の内に持ったからです。そしてついには、私たちが「御父の王国の中で太陽のように輝き」(マタイ一三・四三)「神のあらゆる豊かさ」を持つことになる、百万年後の光景を時折かいま見るようになったからです。

私はまた、癒しも一つのものだろうと思っていました。「主は私を使い古された時計のように扱って、ねじを巻き直し、機械のように動かして下さるだろう」と思っていたのです。しかし、事実はまったくそうではありませんでした。そうではなく、癒しとは私の内側に入ってきて、その都度必要なものを私に与えて下さる主ご自身であることを私は見いだしました。

私は、裕福さを感じられるよう莫大な資産を持つことを欲し、次の日主に頼らなくてもすむように、何年分もの大きなたくわえを持つことを欲しました。しかし、主は決してそのようなたくわえを私に与えて下さいませんでした。その都度必要とする以上の聖潔や癒しを、私は決して持ちませんでした。

主は言われました、「私の子よ、あなたは次の一息のために私のもとに来なければなりません。私はあなたをとても愛しているので、常にわたしのもとに来てもらいたいのです。もし私があなたに多く与えるなら、あなたは私なしで物事を行ない、あまり私のもとに来なくなるでしょう。あなたは毎秒私のもとに来て、毎瞬私の胸によりかからなければなりません」

主は私に莫大な財産を与え、それを私の預金に繰り入れて下さいました。しかし主は、「あなたはその都度必要とする以上の額を引き出すことはできません」という一つの条件付きで、小切手帳を渡されました。しかし小切手が必要な時はいつでも、その小切手の上にはイエスの御名が記されていたので、ますます主に栄光が帰され、主の御名が天界で覚えられ、神が御子によって栄光をお受けになったのでした。

私は毎秒主から私の霊のいのちを受けること、呼吸する毎に主ご自身を吸い込み私自身を吐き出すことを学ばなければなりませんでした。ですから、毎瞬毎瞬霊のために、そして毎瞬毎瞬体のために、私たちは受けなければなりません。

「そんなことはひどい束縛であり、常に張りつめていることではないでしょうか?」とあなたは言うかもしれません。あなたの愛する方、あなたの最愛の友と一緒にいて、どうして張りつめていることがあるでしょう?ああ、そんなことはありません!それはとても自然で自動的であり、泉のように自覚も努力も伴いません。なぜなら、真のいのちは常にのびのびとしていて、溢れ流れるからです。

そして今、神に感謝します。私はを持っています。私の容量内で持っているだけでなく、私の容量以上に持っています。私の前に広がる永遠の中へと進み行くにつれて、私の容量はますます大きくなって行くでしょう。私は海の中の小さな瓶のようです。容量いっぱいに満たされています。瓶は海の中にあり、海は瓶の中にあります。

同じように、私はキリストの中にあり、キリストは私の中におられます。しかし、瓶を満たしている海水の他に、彼方には大海が広がっています。違いは、瓶の方は何度も、日々、永遠に、満たされなければならないことです。

今、私たち各自に対する問いは、「ベトシャンをどう思うか?神の癒しをどう思うか?」ではなく、「キリストをどう思うか?」です。

かつて、私とキリストとの間に小さな邪魔物が入り込んだことがありました。その邪魔物は、「あなたは信仰によって癒されたのですね」と言ったある友人とのささやかな会話の中に見られます。それに対して私は、「いいえ、私はキリストによって癒されたのです」と答えました。

違いは何でしょう?そこには大きな違いがあるのです。ある時、信仰さえも私とイエスとの間に割り込むかのように思われたことがありました。私は「信仰を働かせなければならない」と考え、信仰を得るために労苦しました。ついに私は「自分は信仰を得た」、「自分の全体重を信仰の上にかけても、信仰が支えてくれるだろう」と思いました。信仰を得たと思った時、私は「癒して下さい」と言いました。私は私自身に、私自身の心に、私自身の信仰に頼っていたのです。

私は、の中にあるもののゆえにではなく、の中にあるもののゆえに、私のために事を成して下さいと主に求めていました。そこで、主は悪魔に私の信仰を試すことを許されたのです。悪魔は吠え猛るライオンのように私の信仰を食い尽くしました。私は徹底的に打ち破られたため、自分に信仰があるとは思えませんでした。「自分には信仰がない」と私が思うようになるまで、信仰が取り去られることを神は許されました。

その時神は、私に次のように優しく語っておられるようでした、「心配することはありません、私の子よ、あなたには何もありません。しかし、私は完全な力であり、完全な愛であり、信仰であり、あなたのいのちです。私は祝福の備えであり、そして祝福でもあります。私は内なるすべてであり、外なるすべてであり、永遠にわたってすべてなのです」

大事なのはただ、「神の信仰」(マルコ一一・二二欄外)を持つことです。「そして今、私が肉体の中で生きているそのいのちを」、神の御子についての信仰によってではなく、「神の御子信仰によって生きます」(ガラテヤ二・二〇)

まさにその通りです。この信仰はあなたの信仰ではありません。あなたの中には命も何もありません。それと同じように、あなたの中には何の信仰もありません。あなたには空虚さと空しさしかありません。主にすべてを行ってもらうために、あなたは自分を開いて用意しなければなりません。あなたは、主のいのちや癒しを取らなければならないのと同じように、主の信仰をも取らなければなりません。そして単純に、「私は神の御子の信仰によって生きます」と言わなければなりません。

私の信仰には何の価値もありません。もし誰かのために祈らなければならないなら、私はこう祈るでしょう、「主よ、ここに私がおります。私がこの人に対する祝福の水路になることをお望みでしたら、どうかに必要なものをすべて私の中に息吹き込んで下さい」。必要なのはただキリストであり、キリストだけなのです。

さて、あなたの体は、キリストがあなたの内に住んで働くために、キリストにささげられているでしょうか?主イエス・キリストはあなたと同じように体を持っておられますが、その体だけが唯一完全です。それは人の体ではなく、人の子の体です。なぜ彼が人の子と呼ばれているか、あなたは考えたことがあるでしょうか?

人の子とは、イエス・キリストは唯一の典型的、包括的、普遍的、総括的な人であることを意味します。イエスは、人としてあるべきもの、また人が持つべきものを、すべてご自身の中に持っている唯一の人です。すべてはキリストの中にあります。神のあらゆる豊かさと完全な人の豊かさは、キリストの中に具現化されています。そして彼は今、人が必要とするいっさいのものの総計として立っておられます。

彼の霊はあなたの霊が必要とする一切のものであり、彼は私たちに彼ご自身を与えて下さいます。彼の体はあなたの体が必要とする一切のものを持っています。彼の心臓の鼓動は、あなたの心臓が必要とする力強さを持っています。彼は、彼自身のためではなく人類のために、いのちに満ち溢れた器官と機能を持っておられます。

彼はご自身のために力を必要とされません。自然界のいっさいの力を超越して復活し、墓から立ち上がることを可能にした力は、彼自身のためではありません。あの素晴らしい体は、あなたの体のものです。あなたは彼のからだの一肢体です。

あなたの心臓は、必要なものをすべて彼の心臓から引き出す権利を持っています。あなたの肉体のいのちは、その支えや力を彼の肉体のいのちから引き出す権利を持っています。ですから、それはあなたではなく、神の御子の尊いいのちです。

今日、あなたがこのように彼を受け入れるなら、あなたは癒されるだけでなく、あなたの一切の必要を満たす新しいいのちを持ち、いのちの洪水を持つでしょう。このいのちの洪水の後には、病を一掃し、将来の必要をすべて満たすいのちの泉が残るでしょう。おお、豊かな彼を受け入れなさい。

私は今日、小さなお守りをあなたに持ってきたかのようです。また、ここにいるすべての人のために、神が私にささやかな秘訣を与えて、こう言われたかのようです。「行って彼らに語りなさい。もし彼らが受け入れるなら、それは彼らの行く先々で力のお守りとなり、彼らを担って困難、危険、恐れ、いのち、死を永遠に切り抜けさせるでしょう」。

もし私がこの小さな講壇に立って、「私は富と成功を手に入れる秘訣を天から授かりました。神は私の手を通して、受け入れるすべての人に、その秘訣をただで与えて下さいます」と言えたなら、私は確信していますが、来る人を収容するためにもっと広い会場が必要になるでしょう。

しかし親愛なる友よ、私は主の御言葉の中からもっと尊い真理を示しましょう。使徒パウロが言うには、代々にわたって隠されてきた秘訣、大いなる秘訣があります(コロサイ一・二六)。その秘訣は、世が空しく求めてきたものであり、東方の賢者たちが見つけることを願ったものです。

その秘訣は「今や神の聖徒たちに明らかにされています」と神は言われます。パウロは、それを受け入れられる人々にその秘訣を告げるため、世界を巡りました。その単純な秘訣とは、「あなたたちの内におられるキリスト、栄光の望み」です。

「神秘」という言葉は秘訣を意味します。これは大いなる秘訣です。今日、私はあなたに言いましょう。いいえ、私はあなたに与えることができます。あなたがそれを私からではなく主から受けるなら、私はあなたに秘訣を与えることができます。ああ、その秘訣はわたしにとってなんと素晴らしいものだったことでしょう!

数年前、私は咎と恐れの重荷を負って、主のもとに来ました。私がその単純な秘訣を試してみたところ、それは私の恐れや罪をすべて取り去りました。数年たって、罪が私を征服し、誘惑が私にとってあまりにも手強いのを、私は見いだしました。私はふたたび主のもとに来ました。すると主は私に、「あなたたちの内におられるキリスト」とささやいて下さり、私は勝利、安息、祝福を得たのです。

次に、私の体がボロボロになりました。私はいつも激しく働き、十四歳の時から学び、労苦し、力を惜しみませんでした。二十一歳の時、私は大きな会衆に対する責任を負いました。私は何度も完全に消耗し、ついに最後の力をも失いました。講壇で倒れて死ぬのではないかと何度も恐れました。私は息切れを感じずに上にあがれませんでした。なぜなら心臓は衰弱し、神経はすり減っていたからです。私は主の癒しについて聞きましたが、それに反対しました。私はそれを恐れました。

私は「奇跡の時代は過ぎ去った」と神学校で教わってきました。それで、若い頃に受けた教育から抜け出せなかったのです。私の頭は自説を譲りませんでした。しかしついに私は、シュレンク氏の言う「自分の教理の葬式」とやらに参列するよう導かれました。主は私に、「あなたたちの内におられるキリスト」というささやかな秘訣をささやいて下さいました。その時から私は、自分の魂のために主を受け入れてきたように、自分の体のためにもを受け入れたのです。

私は強められ、健康にされたので、仕事が完全な喜びになりました。数年間、私は暑いニューヨーク市で夏休みを過ごしました。そこでは家庭や大学の仕事、膨大な執筆の仕事などの他に、それまでしたことのなかった群衆の間での説教や働きがありました。

しかし、主は私の苦しみを取り去られただけではありませんでした。それは単なる癒し以上のものでした。主は私に主ご自身を与えて下さったので、私は肉体の諸器官に痛みを感じなくなりました。これは主が与えて下さる最上の健康です。主に感謝すべきことに、主は私から病の感覚をすべて取り除き、心配の種である体を守り、喜びと主への奉仕、安息と喜びの単純な生活を与えて下さいます。

次にまた、私の頭は鈍くて回転の遅い貧弱なものでした。私はキリストのために書いたり話したりすることを願い、自分が得たささやかな知識を使いこなすためにしっかりした記憶力を持つことを願いました。私はこのことでキリストのもとに行き、彼がこの方面で私のために何か持っておられるか尋ねました。彼は、「そうです、私の子よ、私はあなたの知恵です」と答えて下さいました。

私は間違いを犯してばかりいました。そしてその都度、間違いを悔い、二度と間違いを繰り返すまいと思いました。しかし、主が私の知恵になって下さること、私たちはキリストの思いを持てること、主は幻想を打ち破ってあらゆる思いを虜にしてキリストに従わせることができること、主は頭脳と頭を正せることを主が語られた時、私はこれらすべてのことのために主を受け入れました。それ以来、私はこの知的不能から解放され、働きは安息になりました。

私は一週間に二つの説教を書くことを常とし、しかも一つ仕上げるのに三日かかっていました。しかし今、私は一週間の間に非常に多くの集会を導く他に、執筆業では無数のページにわたって書くべきことが常にあるのですが、嬉しいことに、それらはみな私にとって容易なのです。主は知性の面で私を助けて下さいます。主は私たちの霊の救い主であるように、私たちの心の救い主でもあることを私は知っています。

さてそれから、私には優柔不断な意志がありました。「私に対して意志となって下さらないでしょうか?」と私は尋ねました。主は言われました、「よろしい、私の子よ、あなたたちの内に働いて志を立てさせ、事を行わせるのは、神です」

それから主は、いつどのように堅固であるべきか、いつどのように譲るべきかを、私に学ばせて下さいました。多くの人は堅い意志を持っていますが、それを行使するべき時だけそれを用いるすべを知りません。それからまた、主の働きのために必要な力と、主の奉仕のために必要ないっさいの能力を求めて、私は主のもとに行きました。主は私の期待を裏切ることはありませんでした。

ですから私は言いましょう。「あなたたちの内におられるキリスト」というこのささやかな秘訣がもしあなたの助けになるなら、あなたはこの秘訣を得ることができます。どうかあなたが、この秘訣を私よりも使いこなして下さいますように!

私の感覚では、私はこの秘訣がどれほど効果的かを学び始めたにすぎません。この秘訣を受け入れ、今から永遠に至るまでそれを働かせなさい。キリストはすべてであり、今から永遠に至るまで、恵みから恵みへ、力から力へ、栄光から栄光へ至ります。

PR