忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

騒がしい信仰から静寂な信仰へ

 主が今、確かに働いておられる、主は、牧者から打ち捨てられ、教会から捨てられて傷ついた羊のもとを一匹、一匹、訪ねておられる、社会から、家庭から、見捨てられかかったような貧しい人々のところを訪ね、魂の打ち砕かれた人々を神の御前に集めようとなさっておられる…、そのことをまさに実感できるような嬉しい手紙を遠方のクリスチャンからいただきました。
 その方は、金もうけ主義に堕した教会で思い切り傷つけられ、ショックのあまり御言葉を読むことさえできなくなり、一時は、聖書を封印すると宣言されていました。
 しかし、それほどの苦しみを乗り越えてでも、主は、その方を率直に御言葉に立ち戻るよう促されたのでした。それは、その兄弟が主によってどれほど愛され、どれほど主が彼を切に求めておられるかを示す出来事でした。

 彼が主にあっての兄弟であることを私は疑ったことはありませんが、それにしても、兄弟が父なる神の懐に大胆に飛び込み、主によって抱きしめられた瞬間を目にすることができたのは、私にとっても、大きな喜びであり、感動でした。

 ところで、彼は賛美について書いています。
「静寂な信仰をモットーにしています。
 あの、新興宗教(メガチャーチ)のライブ系、ヒップポップ系のノリノリの賛美礼拝というドンチャン騒ぎの大宴会場と化した教会は祈りの家と呼ぶのにふさわしくありません。あれは教会のクリスチャンの士気と結束力を高めるための歌にしか私には聞こえないです。神様に対して真心を込めた賛美ではないと感じます。」

 この言葉をここに引用させていただいたのは、「静寂な信仰」という言葉が、まさに私が求めている信仰のあり方とぴったり一致するからです。私は先日、ある人に向かって断言しました、「今日の教会は騒がしい現代音楽の賛美歌を捨てて、バッハに立ち戻れば良い」と。
 多分、このような意見を聞いた方は、誰でも、気分を害されるでしょう。それはよく分かっています。しかし、あえてこのような極論を述べるのは、現代音楽というものがいかにサタン的なものによって深く汚染され、堕落しているかということを、ひしひしと感じるからなのです。

 このように述べると、早速、「あんたは超保守派だ!」「どうせロックは悪魔の音楽だとか、そういうことを言うつもりなんだろう?」との批判が私に向けられるだろうことは分かっています。現代の化石、空気読めない人、クラシック・アニア、音楽的潔癖症…、まあ、ありとあらゆる非難の言葉が向けられるでしょうね。

 しかし、私にとって、特に、聖霊派の現代流行となっている賛美歌は、皆、人の感情や感覚に訴えかけることばかりが巧みで、肉的高揚感をひたすら煽るための一種の装置となっており、知性の感じられない、芸術性に乏しいものです。それはまるで濁った水溜りのようです。そこには、形式的に完成された美はありませんし、それを目ざそうとの意欲もありません。歌詞も極めて軽薄であり、知性に乏しく、音楽的に計算されつくした形式と美がありません、単調な歌詞と和音の繰り返しは、まるで人を暗示や催眠に陥れようと狙っているかのようです。

 現代音楽そのものがこういう道を辿っているので、非難されるべきは何も聖霊派の賛美歌だけではないのですが、このようなものは本物の音楽ではありません。私たちは水溜りを指して、これが海だと言うことができるでしょうか? インスタントラーメンを指して、これが本場のラーメンだと言うことができるでしょうか?

 特に聖霊派の流行の賛美歌は、どれもこれも、人間の肉を手っ取り早く喜ばせるには都合が良い、インスタント食品のようになってしまっています。手早く空腹を満たそうと思うならば、それは役に立つでしょう。しかし、そこには、沈黙の中で忍耐強く主の訪れを待つという要素は何もありません。静寂の中にこめられた深い感動、完成された形式の中にこめられた美、苦しみの極致から生まれて来る調和、といったものは、何も感じられないのです。言い換えるならば、それらの賛美歌の中には、手っ取り早く、主の素晴らしい臨在を我が物にしようとの欲望が働いており、人間が自分の心を無にして、ただ静寂の中に座し、主に心を明け渡して、忍耐強く、主の訪れを待ち望もうという覚悟が全く感じられないのです。

 とはいえ、私自身も、現代流行の賛美歌の中で育てられてきました。そこで、それらの音楽と私は切り離すことができません。私が曲を作ろうとしても、やはりそのような「くだらない音楽」が出来上がってしまうのです。それは時代の影響です。
 しかしながら、それでもあえて言うならば、今となってはもう、そのような賛美歌の底の浅さ、軽薄さ、無意味さに私は耐えられないのです。それらを「霊的」な賛美として理解することは、私にはもうできません。音楽に合わせて、叫んだり、泣いたり、手を叩いたり、騒いだり、跪いたり、歩き回ったり、そういうパフォーマンスを、霊的衝動であるかのように勘違いしていた時期が私にありましたが、今はもう、そんな外的現象、感覚的な要素は、霊的なものとほとんど関わりがないどころか、むしろ障害物のようにしか見えないのです。

 主の御前では、私たちが肉的衝動に突き動かされて忙しく動き回ることは、主の訪れを邪魔するものにしかなり得ないように思います。まるで片時もじっとしていられない駄々っ子が教室内を忙しく歩き回るように、次から次へと行動に移るのをやめて、自分の内に沸き起こるあらゆる衝動を鎮めて、ただ主にのみまっすぐ心を向けて、静けさのうちに主を待ち望むことが、今、私たちに求められているのではないでしょうか。古典音楽の中には静寂が絶妙な形で織り込まれていますので、それは私たちが主を静かに待ち望むことと矛盾しません。

 教会が偉大な古典の遺産を捨てて、さらには聖歌や新聖歌まで捨てて、どうして軽薄な即席の音楽を選び取らなければならないのか分かりませんが、時代の風潮は確かにその道を行っているようです。知性ではなく、感情や感覚に訴えかける音楽ばかりがますます採用されるようになってきているのです。しかし、私は、キリスト者はこのあたりで最新流行とはきっぱり手を切って、静寂の中に、沈黙の中におられる主に立ち帰った方が良いのではないかと思います。それほどに、現代流行の音楽には何かしらの危険を感じずにはいられません。
PR