忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

主は豊かに雨を降らせる


 昨日は昼から雨が降り始め、曇り空の中に緑が美しかった。

「主のおきては完全であって、魂を生きかえらせ、
 主のあかしは確かであって、無学な者を賢くする。
 主のさとしは正しくて、心を喜ばせ、
 主の戒めはまじりなくて、眼をあきらかにする」(詩篇19:7-8)

 主にあっての健全さ、というテーマについて思い巡らしているうちに、主にあっての完全さ、というテーマについても、考えさせられるようになった。聖書を読んでいると、父なる神は、御子イエスがそうであられたように、私たちクリスチャンにも、一人ひとりが完全さに到達することを望んでおられるということを随所で感じさせられる。

 だが、完全さとは、あまり聞きたくないような言葉だ。人間はあまりにも不完全な存在であり、生きているうちに完全さに達することなど、ほとんどあり得ないように思われるからだ。人はいつも心のどこかで、自分の不完全さを(神に)大目に見てもらいたいという臆病な気持ちを抱えている。

 キリスト教においては、人は霊、魂、肉の三つの要素から成り立っているとされている。
 肉は、欲望に支配され、神のおきてに従えず、神に反逆する堕落した性質を帯びている。
 魂は、肉の法則に強く支配されており、神のことを思うより、自分のことを思い、変化する人生において、絶えず感情的に翻弄されている。
 霊は、人にキリストのことを思わせ、平安の中で主のご計画を人に知らせ、神のみ教えを守るよう導く。

 聖書を読んでいると、しばしば、肉体と魂とは、まったく絶望的な性質を帯びており、信仰生活を送る上で、ただ余計な障害物でしかないように感じられる。なぜなら、人間の肉体と魂とは、何によっても支配されない気ままな自由を求め、聖霊の指揮下に入ることを嫌がり、主のおきてに絶えず反抗しようと試みるからだ。

 さらに、肉体と魂は、それほどまでにわがまま勝手でありながら、同時に、ひどく弱い。逆境にあって、自分の肉と魂が大いに苦しめられる時、人はこの弱さを否応なく思い知らされる。きっとどんなクリスチャンでも、つぶやかずにいられない時があることだろう。

 神はなぜこのような弱い、しがらみに満ちた複雑な性質を人にお与えになったのだろうか。どうして人を霊だけで創造されず、神に反逆する肉体などお与えになったのか。いっそ、肉体も魂も消失し、一足飛びに、苦しみと悩みのない世界へ引き上げてくれればよいのに…。主よ、いつまで、私はこの弱い肉体と、翻弄されやすい魂を引きずって生きなければならないのですか…。

 正直なことを言えば、かつて私は数え切れない日数、そのような愚痴の祈りを捧げてきた一人であった。私はこの反逆的な肉体と魂を抱えて、とても信仰を守り通せるように思われなかったので、この矛盾から解放されるために死を望んだほどだった。だが、そのように祈っていたのは、私がまだまだ、主にあっての恵みの豊かさを知らなかったためだった。

 人が十字架を信じて救われ、聖霊に従って、落ち着いて、健やかに、人生の歩みを進めていく時、それまではただ信仰に敵対するものであり、厄介な重荷のように感じられるだけであった肉と魂が、驚くべきことに、健全なものへと変えられ、限りなく、あるべき姿へと近づいて行くということが起こる。

 それは、人の肉体の弱さや、心の悩み苦しみが全くなくなるという意味ではない。たとえ悩み苦しみが終わらなかったとしても、主に従って歩む時、人の肉体と魂は、それまでのような病や死の法則性から解放されて(完全にというわけではないが)、限りなく、あるべき健全な姿へと近づいていくのだ。

 すなわち、魂は悩み苦しみにきりきり舞いさせられる状態から解放されて、安らぎを得、心は悲嘆にくれるのでなく、喜びを得、身体にも、日々、新たな命がもたらされるようになる。
 確かに、人が寿命を超えて生き延びることはできないので、肉体が病と死そのものから全く解放されるわけではないが、人が御言葉に従い、聖霊に導かれて歩む時、地上にあって与えられている日数を、限りなく健やかに生きることが可能となるのだ。教養のあるなしに関わらず、知識が増し加わり、物事に対する適切な洞察が与えられる。それまでのように、出来事に翻弄されることが少なくなり、身も心も、平安の中に落ち着いて、健やかな暮しを営むことが可能になっていく。

 その時、私たちはただ霊だけで神を礼拝するのでなく、全身全霊で、神を礼拝することが可能となる。つまり、魂も、心も、感情も、知識も、手足も、肉体も、自分の全てによって、神を礼拝することが可能となる。人を構成する全ての部分が、聖霊の指揮の下で、神に賛美を捧げるために特別編成された、優秀なオーケストラのようになっていくのだ。
 こうして、霊の指揮下に入った時、以前には呪われた障害物のようにしか思われなかった肉と魂さえ、はるかに生き生きと、健康に、あるべき姿で生かされるようになることを私たちは知る。こうして、その人の全存在から喜びが溢れ、ほとばしり出るようになる。その人の存在そのものが全体として、何一つ欠けることのなく、神の栄光を表わすモデルとなっていくのだ。

 それが、人が神の神殿となるということの意味だと私は思う。このように生きているクリスチャンを見た時、信仰を持たない世間の人々でさえ、そこに命の豊かさがあることを感じ、その人がいかに神から愛されているかを感じずにいられないだろう。

「わが魂よ、おまえの平安に帰るがよい。
 主は豊かにおまえをあしらわれたからである。
 あなたはわたしの魂を死から、わたしの目を涙から、
 わたしの足をつまずきから助け出されました。
 わたしは生ける者の地で、主のみ前に歩みます。」(詩篇116:7-9)

 主のおきてに背くことによって、魂の暗闇と、涙の川を経験することがもしなかったならば、私はこのような聖句の意味を一生、理解できなかったかも知れない。神への反逆は人を命の法則から引き出し、死をもたらすが、神への従順は、人を命の法則の中へと引き戻し、豊かな命溢れる生活を与えるのだ。その命とは、肉体と魂を新生させる命でもあるのだ。

 「キリスト・イエスにあずかるバプテスマを受けたわたしたちは、
 彼の死にあずかるバプテスマを受けたのである。
 すなわち、わたしたちは、その死にあずかるバプテスマによって、
 彼と共に葬られたのである。
 それは、キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、
 わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。<…>
 もしわたしたちが、キリストと共に死んだなら、また彼と共に生きることを信じる。」
 (ローマ6:3-8)

 私たちは信仰を守りぬくために、障害物となりかねない肉や、感情を、次々、自分から排除していかなければならないのだろうか? 日々、自分の肉体と魂を十字架につけて、再び死ななければならないのだろうか? いや、そうではない。私たちはバプテスマを受けた時、すでに全体として、死んだのである。その時、私たちの肉と魂も、十字架につけられてキリスト共に死んだのである。

 そうである以上、私たちが日々、しなければならないことは、私たちはすでに死んだのであり、今はキリスト共に生きているということを思い出すことである。

 すでに神の幕屋となっているものを再び滅ぼすことはできない。だから、私たちは目を皿のようにして自分の中に信仰にそぐわない性質を探し出しては、悪なる性質を最後まで根絶しようと躍起にならなくても良いのだ。自分がすでにキリストによって新生しており、キリストにあって命の豊かさを約束されていることにただ思いを馳せれば良いのである。

 ただし、そうは言っても、もちろんのこと、キリストの指揮の下で、聖霊の指揮下で、生きていくことは忘れないようにしなければならない。指揮者の指示に従わず、楽譜を無視し、各成員が思うがままに滅茶苦茶な演奏を繰り広げるようなオーケストラには、混乱があるだけであり、そのような形で人生を送るならば、私たちは罪の状態に逆戻りしてしまうだろう。だが、指揮者としてのイエスに常に目を向け、その御言葉を守るならば、私たちは自分の肉や魂も含めて、自分の全存在によって、素晴らしいオーケストラを奏でることができるようになると信じて良いのだ。

 もしも現時点で、完成に達していないパーツを一つひとつ放り出して行ったならば、神の幕屋としての私たちの中には何も残らなくなるだろう。だから、たとえ信仰生活を歩む上で、色々な失敗が積み重なったとしても、私たちは神の幕屋としての自分自身を幾度も罪に定めて、不完全なもの一切を除去しようとして、自分を切り刻んだりすべきではない。間違えたり、調子はずれな音を出してしまった時は、ただ、誤りを率直に認め、御言葉に戻り、指揮者を見上げ、イエスのタクトにもう一度、自分を任せるだけで良いのである。

「このように、あなたがた自身も、罪に対して死んだ者であり、キリスト・イエスにあって神に生きている者であることを、認むべきである。」(ローマ6:11)

 私たちはすでに罪に対して死んでおり、神に生きている。何と嬉しい、勇気づけられる言葉ではないだろうか。私たちは、罪を除去するために、自分のあら探しをもうしなくて良いのだ。神の神殿としての私たちは、イエスの指揮下で、調和の取れた、美しい音楽を奏でられるようになり、それによって、神に栄光を帰することができるようになると信じて良いのだ。私たちは主にあっての喜びと命の豊かさを存分に受け取り、味わうことができるようになるのだ。

 昨日は雨であったので、次の御言葉でしめくくろう。

「シオンの子らよ、
 あなたがたの神、主によって喜び楽しめ。
 主はあなたがたを義とするために秋の雨を賜い、
 またあなたがたのために豊かに雨を降らせ、
 前のように、秋の雨と春の雨とを降らせられる。」(ヨエル2:23)

 雨は旱魃を防ぎ、豊かな収穫をもたらすために不可欠なものである。主が雨を降らせるとは、神がご自身の犠牲によって義とされた私たちのために、人生に実りをもたらすに必要な全てを備えて下さるということである。
 主が私たちのために豊かに雨を降らせて下さる。だから、私たちは自分の人生を大いに喜び、楽しんで良いのだ。

高梁川にかかる橋
PR