忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

数え切れないバナナ(祝福)の中で…

 コアラ姉妹のために。
 主は私から、石の心を取り除き、兄弟姉妹への愛を与えて下さいました。十字架がもたらす平安の中で、人を見るとき、私はその人を愛さずにいられないのです。
 兄弟姉妹に会いたいと思う時、その愛は、激しい恋心のように燃え上がります。しかし、会うことができない間も、強く、穏やかな愛で、その人の幸せを主に願うことができるのです。

 約一年前、かなり貧しい暮らしの中で、私は苦心してある教会に通っていました。平日、通勤の際に持って行く弁当は、ゆかりご飯だけ。毎日、定刻にスーパーのタイムセールに駆けつけては、半額のお惣菜を買い込むのが日課でした。通勤で磨り減ったバイクのタイヤを交換できません。いつ、バッテリーが切れるかと不安です。緊急の余分な出費がいつ生じやしないかと、おびえながら暮らしていました。

 日曜日に、往復の電車賃を払い、教会で献金を払い、信徒との交わりの際に、店で昼食代を支払ってしまうと、残る一ヶ月、どのようにしてやり過ごせばよいのか、いつも、心に不安がありました。

 その頃、私は日曜礼拝に希望を託していましたので、礼拝に通わないことはできませんでした。信徒の交わりにも希望を託していました。だから、いつも主に祈ったものです、「神様、私は交わりの機会が欲しいのです。どうか、そのために必要な費用を与えて下さい。誰にも借金しないで暮らせるように、どうか助けてください」と。そして、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで、昼食代を支払っていました。

 しかし、その教会で私が出会った姉妹が経験された貧しさは、それとは、比べ物になりませんでした。姉妹がカルト化教会にいた頃の献身生活とは、労働が制限され、収入はほとんど得られず、それでも、収入の5分の1以上を献金として捧げさせられるようなものだったのです。強制的な集団生活の中で、プライバシーが保てず、毎日、応じきれないような、理不尽な量と内容の奉仕が次々と要求され、極限まで疲労困憊させられていました。
 もちろん、ご飯のおかずなどありません。切り取ったにんじんのへたを窓際に置いて、徐々に生えて来る芽を摘んでは、炒めて食べる…。そんな生活であったことを、私は聞きました。

 ある日のことです。その過酷な献身生活の最中、姉妹が道を歩いていると、ふと、八百屋でバナナを売っていたのが目に入りました。一束、100円です。それを目にした時、姉妹はどうしても、バナナが食べたいと思ってしまったのです。しかし、収入は全てカルト化教会に捧げきっているので、買うお金が残っていません。だから、姉妹は神に祈りました、「神様、バナナを下さい、私はどうしてもバナナが食べたいのです」と。

 すると、後になって、本当に、考えられない方法で、食べきれないほどのバナナが知人を通して贈られたのだと、彼女は教えてくれました。神に仕えると言いながら、指導者を崇拝する偽りの教会の中にいたのに、そんな生活の中でさえ、主は彼女に御手を伸ばそうと、いつも彼女を見つめ、その時を待っていて下さったのです。(この事件については彼女の記事をご参照ください。)

 その話は、私にとってはあまりにも悲しく、かつ痛ましかったので、それを聞いた時に、答える言葉がありませんでした。けれども、
 「バナナが食べたい。」
 そんな小さな、取るに足りない、秘められた、切なる人の願いにさえ、豊かに応えて下さるのが主なのです。主は私たちの困窮を知っておられ、助けの御手を伸べる機会を待っていて下さるのです。

 私たちが神の助けを得るためには、まず、私たちが自分の願いを主に率直に申し上げ、その心の領域を主に明け渡す必要があります。このことについては、Dr.Lukeと、山谷少佐が明快に語っておられますので、ご参照下さい。(「十字架―交換の場―」「私たちのアイデンティティ」) 十字架とは、自分の願いと、主の願いとを交換する場なのです…。

 バナナ一本、食べたいなあと思う、願いであったとしても、私たちがそれを主に捧げる時、主は数え切れないバナナを持って、私たちの願いを満たして下さるのです。たとえ、その時、私たちに買うお金がなかったとしても、どんなに主から離れていたとしても、どんな混乱の最中であろうと、あるいは、カルト化教会の中にいようと、人知で考えられる限りの距離と障害を越えて、神は私たちが真心から主に捧げる願いを聞きつけ、それに応えようと、飛ぶようにして、私たちのもとに駆けつけて下さるのです。神はいつも待っておられるのです、私たちが、自力で何かをやろうとするのをやめて、ただ主に向かって目を上げ、主よ、成して下さいと、願いを神に委ねる時を…。
 
 さて、その後、私は引っ越し、姉妹との間にはかなりの距離が生じました。周知の通りの問題も手伝って、私たちの立場は今、離れています。
 しかし、私は信じています、私たちが信じているものが、同じ神である限り、一切の障害を超えて、私たちは姉妹として結ばれているのだと。
 いつか、もう一度、姉妹の元気な姿を主が私に見させて下さいますように、その時まで、互いの必要の全てを主に委ね、必要を満たされて健全な豊かさの中を生きることができますように。二度と以前のような困窮を通過せずに済みますようにと、願わずにいられません。

 教会に通っていた頃、彼女が詩を書き、私が曲を作りました。二人での初めての共同合作です。楽譜を書いて、牧師に提出しましたが、誰にも歌ってもらえませんでした。しかし、私としてはかなりの力作であったと、今も自負しているのです。まだ最終的な完成を見ていませんが、いつか歌える日が来ることを願います。(詩は一部変更。)

「礼拝」

私の全てを尽くして 愛する事を学ぶ
神様と この私自身と 弱さを覚えている 隣人を

弟子たちの足を洗ったイエスは
愛する事を教えてくれた
私の心に 主の愛が注がれ
私の心は変えられた

礼拝 それは愛する事
神様と 私と 隣人を


「愛する事を学ぶ」

イエスの十字架のゆえに
愛されていることを知ったとき
心から 主に従おうと
強く 強く 願う

御言葉に従おうとしても
できない自分がある
義にも 真理にも 届かなくて
あわれみ求め 叫ぶ

ありのままで 目を上げて
変わらない主イエスの愛を受けて
罪赦されて はじめの愛に戻り
愛する事を学ぶ

それが私の喜び
 


 

PR