忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

創造主のみわざを誉めたたえる


私の住んでいる地域は、田舎ゆえに、季節の移り変わりがまことに美しい。
花好きの家人のおかげで、庭には私の名も知らない、数え切れないほどの花々が日々、咲き乱れている。

元々、農業のための土地だったところに住んでいるため、周りには住宅が少なく、田園が広がっている。

自然に恵まれた環境に住んでいながら、今まで、写真を一枚も載せなかったのは、このように調和の取れた美しい映像を目にした読者は、私の迷いや、紆余曲折の多い文章など、読みたくなくなってしまうような気がしたからだ…。

これまで、話題の深刻さ、不親切な長文ゆえに、きっと悪評高かっただろう私のブログだが(笑)、残念ながら、このブログでは、さらに一層、深刻な話題を扱うことになるかも知れないので、どうぞご覚悟下さい。

けれども、主にあっての健全さ、魂の調和を保つために、今後、話題が深刻なものに偏りすぎないよう、身近な風景を少しずつ紹介していくことにしたい。また、できるならば、音楽を紹介することができればベストだと思っている(試行錯誤中ですが)。

 「人はみな草だ。
 その麗しさは、すべて野の花のようだ。
 主の息がその上に吹けば、
 草は枯れ、花はしぼむ。<…>
 しかし、われわれの神の言葉は
 とこしえに変ることはない。」
 (イザヤ40:6-8)

 逆境にある時、私は人間の命の脆さ、はかなさを思い知った。若さが花のようにあっけなく散ること、悲しみが人の生命力を急激に衰えさせることを知った。その時の体験を通じて、人を生かしているものが、その人の肉体だけではあり得ないことを痛感させられた。


「目を高くあげて、
 だれが、これらのものを創造したかを見よ。」
(イザヤ40:26)

まことに、命の源であるただ一人の方を失ってしまえば、たとえ健全な肉体を持ち、優れた頭脳を持っていたとしても、それが何になるだろう、滅びは一瞬にしてその人を襲うだろう。

だが、今、たとえ苦しみの中にある方がいたとしても、その人が神により頼んでいるなら、幸いだ。主を待ち望む者の人生は、決して失望に終わることがない、聖書はそう約束してくれている。

主に信頼するクリスチャンは、必ず、一人ひとりが、この美しい野の花に全く劣ることなく、主の栄光を表わすために、それぞれに不思議な形で用いられるだろう。

「きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の花でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。」(マタイ6:30)

私たちクリスチャンは一人ひとりが主のくすしきみわざによって造られた聖なる神殿である。神を誉めたたえよう。
PR