忍者ブログ

私ではなくキリストⅢ(東洋からの風の便りII)

「私たちの古い人がキリストとともに十字架につけられたのは、罪のからだが滅びて、私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためであることを、私たちは知っています。」(ローマ6:6)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


御霊に導かれて歩む(3)ゴルゴタとペンテコステ

もしわたしたちが力を受けて、キリストのために証しをし、サタンと戦うことを欲するなら、聖霊で満たされる経験を求めないわけには行きません。確かに、今日、聖霊の満たしを尋ね求める人は日ごとに多くなっています。しかし、彼らが聖霊で満たされることと霊的力を受けることを尋ね求める目的は、何のためでしょうか? 

どれだけ多くの人が、見せびらかすために力を尋ね求めているでしょうか? 自己の肉をさらに輝かしいものにするための人が、どれだけ多くいることでしょうか? 人々を自分の前に倒れさせ、尋ね求めて戦うための活力を彼らから奪ったりするような力を、受けることを望んでいる人が、どれだけ多くいることでしょうか?

わたしたちは、霊的力を受けることにおけるわたしたちの動機が何であるかを、はっきりと見なければなりません。もしわたしたちの動機が神にしたがっておらず、また神から出たものでないなら、わたしたちはそれを受けることはないでしょう神の聖霊は、人の『肉』の上にはとどまられません。彼のとどまられる所は、神が新しく創造された霊だけです。

これは、わたしたちが外なる人(肉)を生きさせておきながら、神にわたしたちの内なる人(霊)を聖霊の中でバプテスマしてくださるよう求めることではありません。もし肉が対処を経過していないなら、神の霊は人の霊の上に下られません。なぜなら、肉的な人に力を与えることは、彼を高ぶらせ、さらに肉的にさえさせるほか、何の結果も生じないからです。」(ウォッチマン・ニー著、『霊の人』、第二巻、p.49-50)

クリスチャンが御霊に導かれて生きる人となることは、神の御心にかなったことです。主イエスは、真理の御霊であり、助け主である聖霊が、いつまでもクリスチャンと共にいて下さることを約束してくださっています(ヨハネ一四・一六―一七)。クリスチャンは主を信じた時に、御霊によって新しく生まれており、御霊がすでにその人の内に宿っています。たとえそのような実感がなくとも、主を信じている人は自分が聖霊をすでに内にいただいていることを信じるべきです。

ですが、それにとどまらず、クリスチャンはさらに聖霊に満たされ、聖霊によって力づけられる必要があります。ペンテコステの日に、信徒たちが聖霊によって力づけられたように、私たちも聖霊の力を受けて強められ、また日々、神の命の力によって強められることができます。そうなる時に、信徒は、聖霊によって内なる霊を強められ、神の御心を深く知り、大胆に御言葉を宣言し、サタンに対抗し、御心を実際に実行する「霊の人」となり、御国のために有用な働き人となることができます。

聖霊は、「命を与える霊」(Ⅰコリント十五・四五)であり、クリスチャンはこの聖霊の命の力を経験することなしには、神のまことの命を実際に生きることは決してできません。聖霊は、まことの命そのものだからです。また、真理の御霊を通さなければ、信徒は御言葉の意味が何であるかを理解できず、神の御心が何であるかを適時に知ることはできません。聖霊の導きによらずには、信徒は御心にかなった祈りを一つも捧げることができません。聖霊が力を与える時だけに、信徒は臆することなく神の御心を実践する人へと変えられます。

しかしながら、私たちは、十字架の働きを抜きにして、聖霊の力だけを追い求めるようなことをしてはいけません。今日、御霊の満たしを受けるためには、まず信徒自身の肉が十字架で対処されていなければならないことを真に知っている人がどれほどいるでしょうか。御霊は、高慢で高ぶった肉的な人と共に働くことは決してできません。「なぜなら、肉の欲するところは御霊に反し、また御霊の欲するところは、肉に反するから」です(ガラテヤ五・十七)。ところが、今日、多くのクリスチャンが聖霊を求めている動機は、限りなく肉的であることが疑わしい場合が多いのです。

実に多くの人たちが、自己の栄光のために、自分の肉をさらに飾り立てるために、自分をさらに魅力的な人間にするために、聖霊を求めています。すでにあれやこれやの才能や、持ち物を持ち、自己を誇っている人が、さらに特殊な霊力で身を飾り、あるいは魅力的な自己を作り出そうとして、聖霊の満たしを願っている場合があります。しかし、そのような間違った動機から捧げられる願いが、神に聞き届けられることはありません。(「求めても与えられないのは、快楽のために使おうとして、悪い求め方をするからだ。」(ヤコブ四・三)

にも関わらず、十字架で肉が対処されていない人々が、何らかの超自然的な力を誇っている場合がありますが、私たちはこのような力の源を警戒せねばなりません。御霊は決して個人に名誉や成功をもたらすことを目的として働かれません。聖霊が人の肉を強めたり、人を高ぶらせたり、自己中心にしたり、高慢にさせたり、理性を失わせたり、無秩序状態に陥れたりする形で働かれることは決してありません。明らかに聖書は告げています。神の霊の他に、「この世の霊」(Ⅰコリント二・十二)があり、サタンとそれに従う邪悪なもろもろの霊たちが存在していると。

また、「聖書はわたしたちに告げていますが、聖なる注ぎ油のほかに、それに『似たような』(出三〇・三三、原文)注ぎ油があるのです。それは同じように調合されますが、聖なる注ぎ油ではありません。」(p.52)私たちは混合物としての霊があること、聖霊に似て非なる霊があることを知って、そのようなものを警戒し、ただ純粋に混じりけのない、神から来た聖霊を願い求めるべきです。

聖霊は必ず人を十字架へと導きます。聖霊は、主イエスが達成された十字架を、私たちが人生においてより深く経験するように導きます。

「人の再生の時、人の霊は神の命を受け、生かされるようになります。この働きを活発に達成するのは聖霊です。罪、義、裁きについて人を責めるのは、聖霊です。聖霊は人の心を備え、主イエスを救い主として信じるようにと願わせます。十字架の働きは、主イエスによって達成されます。しかしながら、これを罪人の上に、また罪人の心の中へと適用するのは、聖霊です。

わたしたちは、キリストの十字架と聖霊の働きとの関係を理解しなければなりません。十字架はすでにすべてのことを達成しましたが、聖霊はすでに達成されたことを人の中で達成するのです。十字架は人に地位を得させますが、聖霊は人にその経験を持たせるのです。十字架は神のために『事実』を成し遂げますが、聖霊は人にその経験を与えるのです。」(p.12)

聖霊は信徒が生涯、十字架のより深い働きを実際に経験するのを助けます。それによって信徒は、神の御前に、よりくだかれた、へりくだった魂となり、罪と分離し、肉の情と欲を捨て、自己の天然の命を否み、混じりけのない、純粋な、清い霊によって支配される人へと変えられていくでしょう。聖霊が肉なる人の上に注がれることはありません。ですから、聖霊の満たしを受け、聖霊によって力づけられたいと願う人は誰でも、まず、ゴルゴタを経て、自分自身の肉が主イエスと共に十字架につけられて、死に渡されるという経験を経ている必要があります。

「わたしたちは何度も言ってきましたが、十字架はペンテコステの前にやってきます。聖霊は、まだ十字架を経過していない男女には力を与えられません。ゴルゴタこそ、エルサレムの屋上の間へと至る唯一の道です。この模範に従う者だけが、聖霊の力を受ける可能性を持つのです。神の言葉は言います、『これは……聖なる注ぎ油であって、常の人の身にこれを注いではならない』(出三〇・三一―三二)

最も汚れた肉であろうと、最も教養のある肉であろうと、神の聖霊はその上に下ることはできません。十字架の釘跡がなければ、聖霊の注ぎ油はあり得ません。主イエスの死が、アダムにあるすべての人に対する神の判断です。すなわち、『すべてのものは死ななければならない』のです。

神は、主イエスが死なれるまで待たれました。その時はじめて、神は聖霊を遣わされました。同様に、もし信者が主イエスの死を経験することがなく、また旧創造に属するすべてのものに対して死んだことがないなら、彼は聖霊の力を見ることを望むことはできません。歴史上のペンテコステは、ゴルゴタの後にやってきました。霊的経験における聖霊の満たしもやはり、十字架を担った後にやってきます。」(p.50-51)


肉が十字架につけられるという経験は、決して、私たちの内にある、人の目から見て否定的で不愉快な性質だけが死に渡されなければならないということをさしているのではありません。たとえ人の目にどれほど善良に見える性質であろうとも、崇高に見える性質であろうとも、宗教的に見える性質であろうと、立派な知識、才能、美徳、人から賞賛される資質、魅力的な性格などであろうとも、それが肉から来たものであり、天然の命から来た性質であるならば、それは神の御前に全て死ななければならないのです。私たちの肉そのものが神の御前に死ななければならないのです。そのために、神は御子を十字架につけられました。この十字架の死を通して、信者の肉の古い命が死に渡されます。新しい命そのものである聖霊は、その死の後に初めて、復活の命として与えられ、信徒を内側から生かし、力づけ、立ち上がらせるのです。

「肉は神の前で永遠に罪定めされています。神はそれが死ぬことを望まれます。信者は、肉が死ぬのを望まず、反対に聖霊を受けて肉を飾り、肉にさらに多くの力を備えさせて、神のために働かせようとするかもしれません(もちろん、これは絶対的に不可能です)。このことすべてにおけるわたしたちの動機は何でしょうか? わたしたちの動機は、個人的な魅力、名声、人の歓迎、霊的な信者からの賞賛、成功、人に受け入れられること、自己を建て上げることでしょうか? 

清くない動機、すなわち『二心』の動機を持った者たちは、聖霊のバプテスマを受けることはできません。わたしたちは、自分の動機はとても清いと考えるかもしれません。しかし、わたしたちの大祭司は環境を通してわたしたちに、わたしたちの動機が真に清いかどうかを知らせてくださいます。わたしたちの現在の働きが完全に失敗し、人々がわたしたちの名を悪いものとみなし、わたしたちを軽んじ、拒絶する点にまで至らなければ、わたしたちの動機が完全に神のためであるかどうかを知ることは、とても困難でしょう。主によって真に用いられた人はすべて、この道を歩みました。いつであれ十字架がその働きを達成する時、その瞬間、わたしたちは聖霊の力を受けます。」(p.51)

私たちは自分の古き人が十字架で対処されることをさえ、自己の栄光や、人からの賞賛を受けるために求めるという過ちを犯すことがあります。周りにいる信者たちから、「霊的」であるとみなされたいばかりに、聖霊の力をさらに求めようとするという誤りを犯すことがあります。さらに、私たちは、可能な限り、楽をして、自分に痛みが少ない方法で、手っ取り早く、成長を遂げて、素晴らしい「霊の人」になれればよいと思っていないでしょうか? 霊的な人になりたいという私たちの動機は、一体、どこにあるでしょうか? 

神は私たちの動機が肉的でなく、純粋に御心に沿ったものとなるまで、ずっと環境を通して私たちを練られます。私たちの動機の中から自己目的が取り除かれ、私たちの動機が、神の願いと一致する時が来ない限り、神が私たちに聖霊の力を付与されることは決してないと思って差し支えないでしょう。私たちは覚悟する必要があります。神は私たちが、たゆみない成功の中で、賞賛の嵐の中で、人からの歓迎や注目の中で、快感と享楽の中で、順風満帆で何不自由のない生活の中で、聖霊の力をますます増し与えられ、力づけられて、大胆に進んでいくようなことはまずなさいません(それではあまりにも私たちを高慢にさせるだけに終わることは目に見えています)。

むしろ、それどころか、聖霊の力が与えられる前に私たちが経ていなければならない十字架は、私たちにとって極めて不快かつ、負いたくないような、痛みの伴うものであるかもしれません。神は、私たちの働きがことごとく失敗に終わり、私たちが人から見捨てられ、悪しざまに言われ、軽んじられ、誤解され、疎んじられ、拒絶され、敗者としての烙印を押され、「霊的なクリスチャン」として賞賛を浴びるどころか、クリスチャンの風上にも置けない人間との評価を受けて、孤独の内に、たった一人、見捨てられて、魂が微塵に打ち砕かれるような経験をまずお求めになるかも知れません。たとえそうなったとしても、私たちはただ神のみをまっすぐ見上げて、自分の肉と魂の欲求のすべてを脇において、それを捨てて、その願いに死んで、まず、御心だけを第一に求めることができるでしょうか? 自分自身が完全に絶望であるとの認識に立ち、見える評価の一切を拒み、ただキリストだけを見上げて、自分の栄光のためでなく、神の栄光のためだけに、聖霊によって力づけて、立ち上がらせて下さいと求めることができるでしょうか?

どうか、大祭司なる主イエスが、私たちの隠れた動機を明らかにして下さいますように。私たちの願いを御心に沿ったものへと練り清めて下さいますように。
PR

御霊に導かれて歩む(2)十字架と聖霊

「再生された信者は、霊が生かされ、聖霊が彼に内住していますが、依然として肉的な信者のままであり、霊が魂や体によってなおも抑圧されていることがあり得ます。再生された信者が、霊的になるのに成功するために特別に歩まなければならない道が、一つあります。

 簡単に言えば、一人の人には、彼の命において少なくとも二つの大きな変化があります。すなわち、滅びゆく罪人から救われた信者に変わることと、肉的な信者から霊的な信者に変わることです。ちょうど罪人が実際において信者となることができるのと同じように、肉的な信者も実際において霊的な信者となることができます。神は罪人を信者とならせ、ご自身の命を持たせることができます。神はまた、肉的な信者を霊的な信者とならせ、ご自身の命をもっと満ちあふれるほどまでに持たせることができます。<…>

 聖霊だけが、信者を霊的にすることができます。聖霊の働きは、人を霊的にすることです。神の贖いの方法の按配において、消極面では、十字架は破壊する働きを遂行し、アダムからのものすべてを滅ぼします聖霊は、積極面において、建設的な働きを遂行し、キリストからのものすべてを建て上げます

信者が霊的になることを可能にするのは十字架であり、信者を霊的にするのは聖霊です。霊的であることは、聖霊に属することを意味します。聖霊が人の霊を強めるのは、聖霊がその人全体を治めるようになるためです。ですから、もしわたしたちが霊的になることを追い求めるなら、わたしたちは聖霊を忘れるべきでなく、また十字架を脇へ置くべきでもありません。なぜなら、十字架と聖霊は、左右の手として働くからです。そのどちらも欠くことはできませんし、またこれら両者のどちらも単独で働きをすることはできません十字架は常に人を聖霊へと導き、聖霊は常に人を十字架へと導きます。霊的な信者は、自分の霊の中で聖霊と共にある経験を持たなければなりません。」(ウォッチマン・ニー著、『霊の人』、第二巻、p.24-25)


 この箇所を読んでいて、かねてよりの疑問が私の中で解けました。十字架は人の内のアダムからの命(旧創造)を滅ぼす働きをし、聖霊は人の内にキリストを建て上げる働きをします。十字架と聖霊は共に切り離すことができないものであり、どちらかのみが単独で働くことは決してあり得ません。ところが、今日、広まっている誤った教えの中では、多くの場合、この二つが全く切り離されています。健全な教えから外れてしまった教会では、信者たちは、十字架と聖霊とを全く別個のものに分けてしまい、これらが互いに無関係に、あたかも単独で働くことができるかのようにみなしているところに、重大な危険性があります。私たちも、もしも十字架と聖霊との関わりを見落とすならば、簡単に誤った教えに落ちてしまうでしょう。

 たとえば、信者が聖霊を抜きにして、十字架の破壊する働きだけに注目し、そのことばかり重視し始めると、それは信者に病的な破壊作用をもたらします。信者はどれくらい十字架を通して自分の自己が死んでいるかと自分をつぶさに振り返って、自己分析にふけったり、自己批判、他者批判に熱中したり、あるいは、自己を早く処分しようと自己破壊に熱中して、ついには精神に破綻をきたすことさえあり得ます。信仰の教師たちが、幼子のような信者に向かって、「神のためにあなたの自己を十字架上で早く捨てよ!」と、求めるようなことがあれば、それは信者に対するマインドコントロールとなり、それに基づいて支配や強制が生み出され、教会はカルト化し、信者は精神崩壊へと導かれるでしょう。

 私たちは、聖霊を抜きにしてやって来る偽りの「十字架」を拒否せねばなりません。御霊は、必ず、人の最も奥深いところから、その人自身の自主性を尊重する形で働かれます。ですから、御霊によって人が十字架へと導かれる時、十字架は確かにその人の内側で、古き人を壊すという意味では破壊的な働きをしますが、しかしそれによって、その人自身が自己崩壊に至ったりすることは決してありません。むしろ、十字架の働きが進めば進むほど、ますますその人自身は命に溢れ、調和の取れた人間へと変わっていくでしょう。それは御霊が新しい真の命としてその人の内側で建て上げる働きをするからです。

 ところが、御霊によらない、外側からの圧力としてやって来る偽りの「十字架」は、人の自主性を簡単に侵害し、人格を押しつぶすことができます。サタンはこうして、十字架の概念を悪用することによって、御霊によらない十字架を作り出して信者を惑わせ、外側から信者にマインドコントロールをかけ、破壊的な作用を及ぼすことができます。そこには聖霊がないので、信者の人格が(十字架を名目に)ただひたすら壊されていくだけで、新しい命を建て上げる働きは全くありません。もしも、その偽りを見抜けずに、そのような破壊的な作用に従うならば、最後には、信者は精神に破綻をきたすでしょう。私たちはこのような聖霊によらない十字架を警戒しなければなりません。

 さらに、十字架と無関係にやって来る偽りの「聖霊」というものも、私たちは警戒しなければなりません。今日、聖霊の名を語りながら、超自然現象へと信者を熱中させ、信者を恍惚状態や熱狂的陶酔に陥れたりして、それによって信者の人格と生活に破壊的作用を及ぼしている誤った教えがありますが、そこには、十字架が全くありません。十字架は常に人をへりくだらせ、私たちの天然の命を対処しますが、十字架と無関係に働く霊は、人を高慢にさせ、天然の命をさらに(異常に)増長させる効果を及ぼします。

 このような欺きに惑わされないために、十字架と聖霊とは左右の手のように切り離せないものであることを、私たちはしっかり覚えておく必要があります。

 さて、本題に戻りましょう。私たちはクリスチャンになった後も、ほとんど御霊の導きを内側で感じたことがないほどにまで、肉的・魂的な信者である場合が多いものです。どのようにして、私たちはそのような状態から抜け出し、御霊の導きを聞き分ける信徒となることができるのでしょうか。

「聖霊は信者の中におられますが、信者はそれを知らないか、あるいは聖霊に服従しないかのどちらかです。ですから、彼は自分に内住しておられる聖霊を知り、完全に聖霊に服従しなければなりません。

信者は、神の聖霊が一人のパースンであり、信者に内住し、教え、導き、キリストにある『実際』と真理を信者に与えることを、知らなければなりません。聖霊のこの働きは、信者が、自分の魂がいかに無知で鈍いかを認め、自分は愚かであっても喜んで教えを受けたいと決心してはじめてなされ得るのです。信者は、聖霊にすべてを支配していただき、真理を啓示していただくよう願わなければなりません。

信者が、神の聖霊は自分の存在の最も深い部分に、すなわち自分の霊の中に住んでいることを知り、彼の教えを待つ時、聖霊は働きをすることができます。わたしたちが自分では何も追い求めることをせず、完全に教えを受けることを願う時、聖霊はわたしたちに真理を、わたしたちの思いが消化できる方法で教えることができます。さもなければ、危険性が生じます。

わたしたちが、自分の内側には霊、すなわち神の至聖所があり、それは思いや感情よりも深いものであり、聖霊と交わることのできるものであることを知り、そこにおいて神の聖霊を待つ時、わたしたちは聖霊が真にわたしたちに内住しておられることを知ります。わたしたちが彼を告白し、彼を尊ぶ時、彼はご自身の力と働きを、わたしたちの内側の隠された所から現し、わたしたちの魂と知覚の命に彼の命を得させます。」(p.32-33)

 このことからも分かるのは、まず、信徒はクリスチャンとなった時からすでに自分の内なる霊の中に一人のパースンであられる聖霊をいただいていること(クリスチャンになった後に聖霊が与えられるのではないこと)、また、聖霊は、決して私たちの意志に反して、私たちの自主性をないがしろにするような働き方をしないこと(強制したり、脅かしたり、圧迫したりしないこと)、また、御霊は、私たちの知識や思いや感情の受けいれられる限度を超えて、私たちが自分をコントロールできなくなるような形では働かれないこと、御霊は私たちの限界を考慮して下さり、私たちの内で秩序を守ってくれること、決して、私たちの精神や肉体に破壊的作用を及ぼすような形では働かれないことです。

 聖霊は私たちの自主性を尊重して、私たち自身が信仰を働かせて、御霊に従って生きることを自ら選び取るのを待っています。もしも私たちが、聖霊に教えを受けたいと願わなければ、聖霊は私たちに教えることはありません。もしも私たちが聖霊に支配していたきたいと願わないならば、私たちは御霊によって支配されることは決してありません。そして聖霊は、外からの刺激や圧迫を通じて私たちに働くのではなく、また、外から私たちに何らかの賜物として分け与えられるのでもなく、私たちが内におられる聖霊を信じて待つ時、御霊は、私たちの内側の最も奥深くから、新しい命そのものとして、命の力として、現れ出るのです。私たちの古き人を砕くための十字架は、日々外的環境を通して整えられることはあるでしょうが、たとえそのような最中にあっても、御霊の命そのものは、必ず、私たちの最も奥深い内側から(私たち自身の霊を通じて)現れ出るのです。
<つづく>

十字架に戻れ!(5)

再び補足:十字架の間違った取り扱い方について

最近、気づかされたことがあります。それは、十字架の概念が度々、交わりの中で、誤用されている現実があるということでした。この危険性は、私たちが気づかないうちに忍び寄って来ます。たとえば、人が人に身勝手な要求を突きつけ、思い通りにならない人を責めたり、あるいは、厄介払いするための根拠として、「十字架」が使われている場合があり、それが意識もせずに行われ、キリストの御身体に損傷をもたらしている場合があります。

日々の十字架は、人が上からの光に照らされて、自主的に選び、負うべきものであって、いかなる理由があろうとも、人が人にそれを当然のごとく負わせるべきではありません。たとえば、私たちがある人に向かって、「あなたのその汚れた思いや感情という、古い自己を、さっさと十字架につけて下さい!」と命令するのは正しいことでしょうか。間違っています。

あるいは、仮に私たちが耐えられないほど嫌な人間に出会ったとしましょう。それでも、「あなたのその古い人を早く十字架で対処してください! 私があなたとつきあうのはそれからです」と、相手に求めてよいでしょうか。いいえ。私たちには、正直に、自分の思いを相手に告げて、つきあいが困難である人から離れ去ることは許されるでしょう。しかし、自分の嫌悪感を正当化する根拠として、御言葉を利用し、「その人の古き人が十字架で対処されていない」問題を持ち出すのは間違っています。

十字架がある人の人生において、どの程度、具体的経験として理解されているかは、人によって違いがあります。クリスチャンは、日々、十字架をより深く理解し、経験することをすすんで追い求めるべきです。いつまでも信仰の幼子のようであって良いと考えるのは間違っているでしょう。ですが、だからといって、そのことが他人への当然の要求や、強制となってはいけません。

私たちは、ある人が、まだ経験したことのない十字架の深い意義を、無理にでも、その人に経験させようと強いるべきではありませんし、また、その経験のなさを、非難したりすべきでもありません。

また、人が人に何かの負担を強いることの口実として、「自己を捨てる」よう要求したり、「十字架で自己を死に渡す」よう求めたりしてはなりません。それは十字架の概念の悪用です。人が自分の愛の足りなさ、寛容のなさ、利己主義を覆い隠すための口実として、他人にとって不利な負担を「十字架」としてすすんで耐え忍ぶよう要求したりしてはいけません。人から要求される「十字架」(多くの場合、圧迫や非難としてやって来る)には、常に注意が必要です。それは実に多くの場合、十字架の誤った取り扱い方に基づいているからです。

主は「わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽い」と言われました(マタイ11:30)。また、「…日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」(ルカ9:23)とも、言われました。神は常に人の自由意志を尊重して働かれます。私たちが強制されてではなく、自分の意志で、神が望まれる日々の十字架を選び取ることを、主は願っておられます。御霊は常に人の決定を待っていてくださり、人の意志を無視して働かれません。ですから、私たちは、御霊でないものから、十字架を強制的に負わされる必要はありませんし、十字架を理由に人から支配されたりしてはなりません。私たちはただ主から十字架を受け取れば良いのであって、人からそれを強制される必要は全くありません。

人が人に十字架を無理にでも負わせようとすることは、人が神に代わろうとする越権行為です。人が御霊の働きを越えて、他人に対して、「古き人が死ぬこと」や、「自分の命を捨てること」や、「十字架を負うこと」を求めるべきではありません。十字架はあくまで人の完全な自主性に基づいて選び取られなければなりません。また、人が十字架をすすんで負うためには、まず、その人の内側で、上からの聖霊による照らしと導きがなければなりません。人は御霊によって、日々、キリストの十字架へと導かれるのでなければなりません。もしそうでなければ、十字架の意味は全くありません。私たちは十字架について人に語り、勧めることは許されるでしょう。けれども、その人自身がまだ主から示されていない問題を、まるで当然のごとく、理解するよう人に要求してはいけません。また、苦手な人を排除する理由として十字架や古き人の問題を持ち出してはなりません。もしも、人の自主性を無視して、人から人への強制として押し付けられる十字架があるならば、それはたやすくカルトへと結びつくでしょう。

信仰暦の長さに関係なく、私たちは、御霊の働きを妨げるそのような越権行為を他人に対して気づかずにしてしまう場合があります。ある時は、私たちは、高慢ゆえに、主より先走って、人に犠牲を求めていながら、それを「十字架」という言葉で正当化している場合があるかも知れません。または、自分では気づかずに、自分に有利な状況を作り出すために、他人に「十字架」を課そうとしている場合があるかも知れません。私たち人間には、そのようにして十字架の概念を利己的に歪め、他人を支配する口実として用いる危険性が十分にあることをいつも覚えておく必要があります。そのような危険性の中に、気づかずに足を踏み入れてはいないか、自分を振り返る必要があります。

私たちは、決して、主の働きを越えてまで、その人の自主性を侵害してまで、あるいは、御言葉の本来の意図を外れてまで、自分勝手な理由で、人に十字架を強制することがないよう常に気をつけるべきです。十字架は、キリストが私たちに与えて下さった最も尊い御業です。十字架は、キリストの命の最高の表現であり、私たちに与えられている最大の恵みです。それは神と人との和解の場であり、人と人との和解の場でもあります。私たちを新しい人としてくれる唯一の通路が、十字架です。にも関わらず、尊い十字架を、私たちが互いに裁き合ったり、責め合ったり、排除し合ったり、利己主義をかなえたりする道具として使うことがないように、常に気をつけていなければなりません。

十字架に戻れ!(4)

主にあって強くなりなさい!

 肉には色々な性質があります。必ずしも否定的に見える性質だけではありません。すでに語ってきたように、肉には長所もあり、善を行う能力もあります。しかし、いずれにせよ、御言葉は、私たちの肉そのもの、さらに、肉や魂を支配している、生まれながらの古い命そのものが、堕落・腐敗した、罪なる性質を帯びたものであり、神の御前に、呪われた厭うべきものであることを示しています。肉にある者は神を喜ばせることはできません! 私たちが持っている生まれながらの命、古き人は、神の御前に永久に呪われ、廃棄されねばならないのです。

 人の生まれながらの魂は、自己を喜ばせ、自己に栄光を帰するために活動しようとします。私たちの魂は常に「自己」を中心として活動します。魂のそのような利己的で邪悪な性質も、古い人に属するものであり、私たちが御霊に従って歩むことを絶えず妨げます。
 「魂は、見られ、知られ、聞かれることを望む自分の中の『わたし』という自己愛、高慢の場所です。また、実際は『わたしは他の者のようではないことを神に感謝します』と言っている、宗教的高慢さに満ちた所でもあります。この宗教的高慢さは、最も霊的な魂の中にも忍び寄り、汚してしまいます。」(ウォッチマン・ニー全集第一巻、付録1、チャールズ・アシャー、p.248)

 私たちの肉と魂を支配するこの古い命の邪悪な性質を対処することができるのは、カルバリだけです。
 主イエスの御血の清めは、私たちを罪の汚れから清めますが、十字架は、私たちの古い命の邪悪な性質そのものを対処します。チャールズ・アシャーは言います、「わたしたちの邪悪な性質を対処するのは、血の清めではなく、十字架です。『わたしたちは、この事を知っている。わたしたちの内の古き人はキリストと共に十字架につけられた』(ローマ六・六)。『キリスト・イエスに属する者は、自分の肉を……十字架につけてしまったのである』(ガラテヤ五・二四)。」(同上)

 カルバリの十字架において、主イエスはご自身の肉に私たちの肉を含められ、それらを全てはりつけにされました。信じる者にとって、十字架は、私たちの古き人―罪の肉が最も恥辱をこうむった形で永遠にさらしものとされている場所です。そこでは、私たちの古き人が、キリストと共に、死刑宣告を受け、刑罰に処され、殺されました。私たちの古い命は、カルバリで死に渡されました。サタンの思うままに支配されていた肉は、もはや死んだので、効力を失いました。これは霊的な事実です。私たちがこの霊的な事実を信仰によって日々、自分のものとして受け取る時、キリストの死と復活の力が私たちの内で実際となるのです。

 パウロは、コロサイ人への手紙第二章十四、十五節でこう言います、「神は、わたしたちを責めて不利におとしいれる証書を、その規定もろともぬり消し、これを取り除いて、十字架につけてしまわれた。そして、もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。」

 イエスは十字架に向かわれるよりも前に、こう言われました、「…ちょうどモーセが荒野でへびを上げたように、人の子もまた上げられなければならない。それは彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである」(ヨハネ三・十四、十五)
 モーセが荒野で青銅の蛇を掲げ、それを見た民が、蛇の毒から救われて生き延びた(民数記二一・九)ことは、このカルバリの予表でした。今日、御子の十字架を信じる者は、蛇(サタン)の死の毒から救われて、もはや罪に汚されることのない、清く、新しい、神の霊なる命によって生きるのです。

 御子が十字架につけられた瞬間は、サタンにとって、あたかも、勝利の瞬間のように思われたでしょう、それはあたかも神の敗北であるかのように見えたでしょう。しかし、主を誉めたたえます、御子はサタンによってもたらされた死を通して、逆説的に、サタンに勝利されたのです。主イエスは「死の力を持つ者、すなわち悪魔を、ご自分の死によって滅ぼし」(ヘブル二・十四)たのです。

 主イエスは蛇(サタン)によって堕落させられた人類の罪を贖うために、十字架に上げられました。主イエスはそこで死なれましたが、カルバリで実際に滅ぼされたのは、蛇(サタン)でした。主イエスは肉体においては、全人類の身代わりに罪に定められて一度、死なれましたが、彼の内にある神の命は、彼の人としての死によっては何の損傷も受けることなく、よみがえりの命として、主を三日目に復活させたのです。それによって、主は蛇が人にもたらすことのできる最大の破壊である死に打ち勝ちました。そして、十字架を通して、主は、ご自身だけでなく、御子を信じる全ての人が、蛇に毒されることのない、神の新しい命によって生きる道を、キリストのご性質によって形作られる新しい人として生きる道を開かれました。カルバリは、主の死によって、蛇自身が滅ぼされる場所となったのです。

「創造主はその御子のパースンにおいて、全世界の罪をご自身の上に担い<…>、血と肉にあずかり、堕落した種族へと結合されるという束縛を受けられ、その神聖な性質において、あの堕落したアダムの命を十字架へともたらし、避けることのできない当然支払うべきものでもあり、またその結果でもある死の刑罰をそこで受けられました。それは、彼がその堕落した被造物のために、神へと立ち返る道を切り開き、彼の性質と実質そのものから建造され、形づくられた新しい種族のかしらとなるためです。」(付録5、ジェシー・ペン-ルイス、「十字架は蛇を滅ぼす」、p.297)

 十字架は堕落したアダムに属する人類の古い命が、神の刑罰を受けて死に渡される場所です。そしてまたカルバリは、堕落した古い種族が死んで、その代わりに、神の命と性質にあずかる新しい種族が生まれる場所でもあります。このカルバリに立ち、主の死に自分の死を同一化し、私たちの罪なる肉がすでにキリストと共に死刑に処せられた事実を、信仰によって受け取ることを通して、私たちは初めて、それまで自分を支配してきた罪の肉による支配から解放され、サタンによって支配されることのない、復活の新しい命によって生かされるのです。

 私たちの堕落した肉、魂、古き人は、これまで、邪悪な暗闇の勢力のもろもろの支配と権威に服し、邪悪な勢力によって思うがままに占有されてきました。わたしたちの内の古き人は、常に、サタンとその邪悪な霊たちを強めるための武具となり、彼らの家財道具となってきました。しかし、主イエスはカルバリで彼らに打ち勝たれ、強い人であるサタンを縛り上げ、サタンの武具とされて来た私たちの罪の肉を、ご自身からはぎとって、逆に、永久にさらしものとされたのです。こうして、サタンの支配と権威は、私たちから解除され、カルバリで主と共に私たちも凱旋し、サタンと邪悪な霊たちの支配と権威は永久に打ち負かされ、恥辱をこうむったのです。

「これが、その神聖な目的における十字架の意味であり、堕落した人がこの世、肉、悪魔に打ち勝つ勝利の道です。これが、堕落、すなわちサタンの霊によって占有された堕落した肉の意味です。これが、サタンに対する、また罪に対するカルバリの答えです。堕落した被造物が十字架につけられたのは、すべての人が古い種族から離れ去るという選択を持ち、最初のアダムという共通のかしらから離れ去り、『キリストにあって』再び新創造を始めるためです。」(同上、p.297-298)

 私たちは、自分は長い間、罪に支配されてきたので、そこから抜け出すのはあまりにも困難である、と言うかも知れません。私はあまりにも弱く、罪や誘惑に打ち勝つ力が少しもない、と言うかも知れません。しかし、私たちは決して、自分自身の弱さを見つめて絶望してはなりません。私たちがどんなに弱く、未熟であり、信仰生活において勝利した経験が少なくとも、カルバリには神の勝利の命があります。私たちは絶えず、十字架を通して、自分がすでに暗闇の支配から新しい命へと移し出されたことを信じる必要があります、そして、御子が十字架で達成された事実に基づき、古い命ではなく、新しい命である聖霊によって支配されて生きることを、大胆に神に願いもとめる権利があります。十字架は私たちをアダムの種族から連れ出し、新創造へ入らせる道をすでに開いてくれているのです。私たちは道であられるイエスを通って、キリストの新しい命を生きなければなりません。そのことによって、私たちは暗闇の勢力に実際に勝利し、キリストの支配をこの地にもたらす人となるのです。

「キリストにある信者と、やみの力に関する神の目的は何でしょうか? これを見るために、わたしたちはカルバリにおけるキリストの働きへと目を向け、カルバリの勝利を理解しなければなりません。カルバリの十字架において、彼はご自身から邪悪な支配と権威とをかなぐり捨てて、彼らをさらしものとされました。

キリストの死において彼と同一化された魂は、彼と共に、また彼にあって、『やみの王国』から昇天された主の『統治する命』の中へと移されています。カルバリの勝利を通して、あなたは神の目的にあってやみの王国から移し出され、その領域の中を歩かず、その視点、尺度、方法、邪悪さを受け入れないのです。

 しかし、これが実際の経験となる前に、あなたはまず、あなたに対する神の全き目的と、彼があなたをやみの力から移し出してくださったことを理解する必要があります。それは、やみの君がもうあなたに要求したりせず、あなたに対する権利も持たないようになるためです。というのは、神はその統治する命にあって、『(わたしたちをキリストと共によみがえらせ、共に天上で座につかせて下さった』からです。

たとえどれほどあなたがその経験に不足していようとも、あなたは自分に対する神の目的を決して引き下げずに、常に彼の意図を見つめ続け、彼が目的としておられる命へと、あなたを導いてくださるよう彼に求めなければならないことを覚えてください。あなたの立場は、『やみの力から移し出されている』というものです。

それでは、どれだけあなたは自分自身の中で、また自分の生活の中で、実際的に敵を縛っているでしょうか? <…>あなたの願いは、『やみの力から、その愛する御子の支配下に移され』、『キリスト・イエスにあって、共によみがえらせ、共に天上で座につかせて下さった』という神のみこころと同じでしょうか?(コロサイ一・十三―筆者註)」(付録6、ジェシー・ペン-ルイス、「やみの力から移し出される」、p.300-301)

 ジェシー・ペン-ルイスによれば、クリスチャンは三つの側面で勝利を得なければなりません。一つ目は、罪に対する勝利であり、すでに再三、語ってきたように、私たちが肉や魂の古い人に対して打ち勝つことです。ローマ人への手紙第六章は、十字架によって、私たちが「罪に対して死んだ者である」ことを認めるように教えています。第二の面は、たとえ私たちがキリストの御名のために人々に誤解され、そしられ、迫害され、罪に定められるようなことがあったとしても、その苦難を最後まで耐え忍ぶことによって勝利を得ること、あらゆる苦難に「勝ち得て余りがある」(ローマ八・三七)ようになることです。第三の面は、「悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、彼はあなたから逃げ去るであろう。」(ヤコブ三・七)、キリストの御名によって悪魔に堅く抵抗する(Ⅰペテロ五・九)ことです。

 時々、これらの三つの面は互いに関連し合ってやって来ることもあるようです。たとえば、サタンの圧迫は、しばしば、身近な人々を通して私たちにもたらされます。身近な人々が、私たちに、信仰から逸れるように要求したり、圧力をかけたりすることがあります。それらの要求は、私たちが御霊ではなく、再び、肉に従って歩むようにという内容であるかも知れません。さらに、もしも私たちが彼らの助言や要求を拒否するならば、多くの人たちから非難されるかも知れない状況があるかも知れません。そんな時、私たちはこの全てに立ち向かって勝利せねばなりません。肉に従って歩むことは拒否せねばなりません。しかし、人々に対しては、小羊のようであらねばなりません。たとえ人から誤解され、そしられ、不当な苦しみを受けても、それらを耐え忍び、人を脅かさず、悪をもって悪に報いてはなりません(Ⅰペテロ三・九)。しかし、サタンの要求そのものに対しては、毅然と立ち向かって、それを積極的に拒まなければなりません。

 クリスチャンには火のように試練が降りかかることが御言葉によって予告されていますが(Ⅰペテロ四・十二)、これらの試練に打ち勝つことは、自分自身の力によっては到底、不可能です。私たちはただ「しし―小羊」であるキリストの命によって強くならなければなりません。試みを受けた時、私たちの内にキリストの霊が見いだされるのでなければなりません。

エペソ人への手紙第六章は、敵に抵抗することにおける、勝利の生活のこの最後の面を描写しています。主イエスは人に対して『小羊』であると共に、悪魔に対しては『しし』でした。彼はもろもろの支配と権威との武装を解除し、彼らをさらしものとされました。そして、人の目には敗北であったことが、神の目には勝利となったのです。人の目には『恥』であったことが、神の目には勝利であったのです。サタンとその邪悪な軍勢すべてに対しては、キリストはしし、すなわち、ユダ族のししでした。

 エペソ人への手紙第六章でわたしたちは、やみの力に対する何か霊的な戦い、ししの命を見ます。ここでわたしたちは、兵士の霊を持った兵士を見ます。『こういうわけで、強くなりなさい』。人の側では、キリストは『弱さのゆえに十字架につけられた』(Ⅱコリント十三・四―筆者註)のでした。しかし、彼は『強く』、『強い人』よりももっと強いのでした。彼の名は『強い』です。『もっと強い者が襲ってきて』(ルカ十一・二二―筆者註)。ですから、キリストの名は『もっと強い者』です。彼は『強い人』よりもっと強いのです。

ですから、『キリストの中に』立ち、サタンへと立ち向かう信者に対するメッセージの言葉は、『強くなりなさい』です。もはやあなたは、『弱さ』について語ってはなりません。あなたは人性と自分自身においては弱いかもしれません。しかしあなたは『主にあって強く』ならなければなりません。」(付録4、ジェシー・ペン-ルイス、「勝ち得て余りがある」、p.291)

 クリスチャンはたとえどのように信仰の幼い者であっても、すでに主を信じた時から、サタンとの荒れ狂う霊的な戦いへと一歩を踏み出しています。その戦いにおいて、いつまでも自分の弱さばかりを見つめている未熟な新兵であってはなりません。私たちは主にあって、強くされる方法を学ばなければなりません。

「最後に言う、主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。」(エペソ六・十、十一)

「あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている。」(ヨハネ十六・三三)

<つづく>

十字架に戻れ!(3)

補足:カルバリについてのありがちな重大な誤解について

 以下に書いてきたような十字架のより深い認識について語ると、ある人はこう反駁します、「御子はすでに十字架上で勝利を取られたのだから、もはや私たちにはすることは何も残されていないはずです。サタンはすでに敗北しているのでしょう? 戦いはもう終わっているのでしょう? 私はもうサタンから完全に解放されたので、二度と、罪は私に触れることはできなくなったのです。私は神によって聖なるものとされ、もはや罪けがれとは全く無縁の人間になったのです。なのに、どうして私がこれ以上、サタンを恐れたり、警戒したりしなければならないのですか。どうして私がこれ以上、サタンの道具となるようなことがあり得るでしょう? そんなのは嘘です。そんなのはクリスチャンに対する侮辱です。サタンは敗北しているのです。彼はクリスチャンに対して何の権利も持たないのです。

 ですから、日々サタンは状況を通して私を圧迫しているとか、私の内に残る旧創造をサタンが利用して私に何とか罪を犯させようとしているとか、その旧創造を私がさらに十字架で死に渡さなければならないとかいった類の話は信じません。十字架を信じた時に、私はそれら一切からすでに解放されて、旧創造から全くきよめられたのです。この上まだ、解放を求める必要があるとは思えません。」

 読者よ、このような短絡的な誤りに落ちてはなりません。このような言い分は、二つの点で完全に誤っています。一つ目の間違いは、このような考えは、キリスト者が生涯においてずっと、十字架にとどまり続け、絶えず十字架が彼に適用される必要があり、そうでなければ彼はサタンに勝利する力を持たないという事実を見落としていること、また、十字架には罪からの贖いに加えて、私たちの古い命の性質を対処するという、より深い意義があり、私たちがそれを理解しておらず、求めてもいないうちに、それが私たちの意志を越えて自動的に適用されることはない、という事実を見落としてしまっている点です。

 十字架は永遠に達成された事実です。私たちは信仰によって、それを信じ、罪からの贖いを受け取り、クリスチャンとされました。しかし、十字架の意義はそれが全てではありません。私たちが罪からの贖いを受け取っただけであるのに、そこであたかも信仰の歩みはすべて完了してしまったかのように思い、私たちにはもう何もすることは残されておらず、十字架のさらに深い意義を経験する必要もないと考え、自分はもはやいかなる罪なる性質とも無縁な、完全にきよめられた人となったので、サタンを警戒する必要もなくなったと考えることは、完全な間違いです。

 私たちが主イエスを信じた瞬間から、神は、御子を受け入れたのと同様に、私たちをも受け入れてくださいます。私たちは救いを得た瞬間から、神の子供たちとされ、御子のあらゆるご性質にあずかるものとなりました。しかし、それは私たちの地位を保証しているのであって、私たちの実際の経験を表しているのではありません。実際には、救いを得た直後には、私たちは幼子のようなクリスチャンであって、さらに成熟していく必要があります。この地上において、私たちが、主に従う成熟した働き人となるためには、私たちは自分の古い命の性質が何であるかを知り、それが十字架を通して対処されることを避けて通るわけにいきません。

 思い出してください。ペテロは主イエスをとても愛して従っていたので、たとえ全ての弟子が主を見捨てて逃げ去っても、自分だけは、主を裏切ることなどありえないと自負していました。しかし、その愛は、彼の生まれながらの人(旧創造)から出て来た愛であり、いわば、彼の肉による誇りでした。それは主に従うには全く役に立たないものでした。しかし、その時、ペテロは自分に自信を持っており、自分の生まれながらの肉の強さが主に従うのには全く役に立たないものであり、むしろ、取り除かれなければならないものであるとは考えてもみませんでした。そこで、イエスは、ペテロが主を裏切り、見捨て、三度に渡って主を否定するという手痛い失敗を経験することを通して、自分が頼みとしてきたものが、神の御前では腐敗したものであるという事実を知り、自分の生まれながらの命が、主に従うのには全く役に立たないことを理解するよう導かないわけにはいかなかったのです。

 主に従うためには、私たちの生まれながらの、肉による力や、生まれながらの魂から来る感情は役に立ちません。主に従うためには、ただ上から、御霊によって与えられる新しい命の力や愛がなければならないのです。しかし、私たちはその事実をほとんど知っておらず、何が肉であり、何が御霊からのものであるかさえ、区別がついていません。そして自分勝手な思いに基づいて、主を喜ばせようとして、肉に頼って歩んでいることが多いのです。そこで、主は私たちにそれらの区別を知らせ、私たちの生まれながらの命の性質が死ななければならないものであることを教えるために、様々な出来事を按配する必要があるのです。

 神はどんな事柄についても、人の自由意志を尊重されます。それは、言い換えるならば、私たちの同意なしに、神は私たちの内で働かれないということを意味します。私たちが、日々、信仰と意志を活用して、神に向かって、具体的に祈り求め、信じた分だけしか、神は私たちに働くことができないのです。たとえ私たちの内にどれほどの腐敗が残されていたとしても、神は私たちの意志を越えて私たちを対処することはなさいません。それほどまでに、神は人の意志を尊重しておられるからです。

 このことは、私たちの内の古き人が十字架で対処されることについても言えます。神は決して、強制的に、あるいは自動的に、十字架を通して、何が何でも、私たちの古い命を対処するというようなことはなさいません。それは私たちの信仰による理解と求めに応じて、実際となります。もしも私たちが、キリストと共に、十字架で自分の肉がはりつけにされたという事実を信じないらば、十字架は実際に私たちの肉の働きを殺すことはありません。もしも私たちが十字架で自分の古い命の性質が死んだという事実を信じないならば、それは私たちの古い命の性質を実際に死に渡すことはありません。

 私たちの信仰(理解し、求めること)に応じて、十字架はより深く私たちの内に働きます。私たちが理解しておらず、求めてもいないものが、自動的に、私たちに適用されるようなことはありません。私たちがただ罪からの贖いのためだけに十字架を信じているうちに、十字架を通して、私たちの古き命の性質が死に渡されるようなことはないでしょう。後者は、私たちがより深く十字架の意義を認識し、それを求めた時に、それに応じて実際となるでしょう。

 私たちは恐らく、ペテロの失敗とよく似たような体験を通して、救いを得た後になっても、様々な出来事を通して、依然として、自分の肉がまだ生きていることを知るでしょう。主に従っているつもりが、肉によって歩んでいるだけであることを、神からの光を通して、何度も、何度も、教えられるでしょう。こうして、自己の腐敗の深さを知り、十字架を通して、自己を対処される必要があることを、私たちは、幾度も学ばされます。私たちは、救いを得たからといって、決して、その瞬間から、いかなる罪や汚れとも無縁のスーパーマンになったのではないことを思い知ります。救いを得た後も、私たちの自己は、依然として生きており、常に主に従う妨げとなっており、サタンを利する機会を与えていることを知らされるのです。それが分かる度に、私たちは沈痛な思いで、以前よりもさらに深く自己の腐敗を感じるようになるでしょう。そして、深いうめきを持って、その腐敗した性質から神が私たちを解放して下さることを願い求めるようになるでしょう。その時、私たちは十字架を以前よりもより一層深く理解し、旧創造を殺す十字架の働きを求めて祈るようになります。

 もしも私たちが「自分の内には十字架で対処されなければならないような古き命の性質は何もありません」と言い張るならば、神がそれを対処されることはありません。ですが、もし私たちが様々な失敗を通して、自分の内にある古い命から来る性質が、十字架によって死に渡される必要があることを認め、それを望むなら、その時、十字架上での御子の死はあなたの内で実際となり、古い性質は死に、よみがえりの命によって、あなたは全く新しくされるでしょう。

 こうして、十字架を通して、生まれながらの命である自己が対処されることは、一瞬で終わるようなことはなく、生涯に渡って、何度も、何度も続くでしょう。それなくして、私たちがさらにきよめられて、御心を地に成すための忠実な働き人へと変えられていくことはありません。自己の腐敗が明るみに出され、私たちが主の光によって倒されることは、痛みを伴う過程ですが、このような、痛みを伴う日々の十字架を避けながら、クリスチャンが実際にキリストの似姿へと変えられていくことは決してありません。

 これは決して、禁欲主義的な自制を通して、私たちが自分で自己を抑圧することと混同されてはなりません。私たちの旧創造を対処できるのは、神ご自身だけです。十字架は確かに、私たちが全く新しい人へと変えられる権利を保障してくれています。私たちは、それを信仰によって受け取り、神の命によって、日々、新しくされる必要があります。ある日、信じたから、それで終わりということは決してありません。古き命に死に、新しくされることは、人生を通じてずっと続かなければなりません。私たちはパウロのように、自分は日々死んでいるという認識に立たねばなりません。神の命の現われを妨げている私たちの自己、すなわち、古い命は、日々、死に渡され、無効にされなければなりません。

 そんなわけで、もしも前進するクリスチャン生活を送りたいのであれば、このようにしてキリストとの結合を積極的に選び取ることは、生涯、必要です。もしも、私たちが、日々、自分の十字架を取って、イエスに従うということを自主的に選び取らないならば、もしも自分の生まれながらの命の性質を憎み、それが死に渡される必要があることを認めないならば、私たちは、(たとえ永遠の命は得ていたとしても)、キリストの似姿へと変えられるチャンスを失うでしょう。キリストの死とよみがえりの命は、私たちの信仰による日々の応答なしに、自動的に私たちに適用されません。もしも私たちが自分の中には何もきよめられる必要のあるものはないと言うならば、神はそれ以上、私たちを新しくすることはなさらないでしょう。御子の勝利は永遠ですが、私たち自身が、御子の勝利を実際に受け取るためには、日々、私たちが肉を拒んで、肉を死に渡して、御霊によって歩むことを選び取っていかねばなりません。そこに一種の戦いがあることは明白です。

 さらに、前述のような意見の二つ目の間違いは、今の時代が何であるかということを読み違えている点です。御子が十字架でサタンに対して勝利を取られたのは永遠の事実です。しかし、この時空間において、今はまだサタンが実際に滅ぼされて地上から一掃されていないことは明らかです。今は恵みの時代です。御言葉がはっきりと語っているように、この時空間の中では、サタンはいまだにこの世を占拠しており、この世の君として支配、君臨しているのです。あなたは今、地上を見渡して、地上には災いも悲惨も流血もなく、サタンはすでに滅ぼされて地上を支配する権限を失っているので、クリスチャンは安堵してよいと言うことができるでしょうか。クリスチャンの間で、サタンは全く働く余地を失っているでしょうか。神の子供たちの間にはいかなる争いも分裂も見受けられないでしょうか。地上はキリストの支配だけに満ちているでしょうか。

 いいえ。永遠においては、カルバリでサタンは滅ぼされています。その事実は決して変わることはありません。その永遠の事実は、必ずや、神の御旨に従って、この地上にも、実際の事実となっていつか成就するでしょう。しかし、私たちはまだその途上の時代にいます。サタンが事実としてこの時空間の中でも敗北し、火の池に投げ込まれるまでには、まだ時間があります。そうなるまでに、私たちは何をしなければならないと、聖書は教えているでしょうか。

 御言葉は、私たちに「目を覚ましている」ことの重要性を教えています。サタンはほえたける獅子のように食い尽くすべきものを求めて地上を歩き回っており、神からのものとみまごうようなしるしと不思議と奇跡を行って、あわよくば、選民をも惑わそうとしていると御言葉は教えています。今の時代にあって、サタンは依然としてこの世を支配しており、多くの人達を罪の虜にすることによって、自分の滅びの道連れにしています。暗闇の勢力は、人の肉や魂を拠点として、人に働きかけ、人に住み込み、悪を行わせ、人を食い物として活動しているのです。サタンは神に逆らう人達を道具として用いることによって堕落した考えをこの世に普及し、さらに、人々の好みに合わせた偽の教えを流布することによって、キリスト者の思いをさえ不信でくらまし、神の民でさえも惑わそうと、日夜、激しく活動しているのです。御言葉は、信徒がこのサタンに対して信仰によって武装し、油断なく立ち向かう必要を教えています。それは、もし油断するならば、選民でさえサタンに惑わされる可能性があるということをはっきりと物語っているのです。

 キリストが達成された永遠の事実に基づいて、この時空間の中でサタンの敗北が実際となるためには、聖徒たちがさらに祈り、教会がさらなる前進を遂げなければなりません。クリスチャンたちは「御国が来ますように」、「御心が天になるごとく、地にもなりますように」と、祈ります。また、「主よ、来たりませ」と祈ります。それは、今の時代、教会がまだ前進している最中であるからです。御心は(永遠においては不変ですが)まだ今の時代にあってはこの地上に成就しつつある途中です。キリストの支配は地上にはまだ完全に確立されてはいません。キリストはまだ再び地上に来られてはいません。ですから、私たちはそれを求めて祈りつつ、自分自身が世の光として、御国を実際にこの地に現し、流し出していく管となる必要があるのです。もしも、私たちが日々の生活において、罪と欲に溺れ、サタンを実際に敗北させていないどころか、自分が罪の虜となって、暗闇の支配の中に生きているならば、どうしてそこに教会の前進があると言えるでしょうか。もしも私たちクリスチャンが肉に従って歩み、御霊を妨げているならば、どうしてそこに御国が現れていると言えるでしょうか。

 私たちを通して、内なる聖霊が生ける川々となって流れ、御国が実際にこの地にもたらされる時、初めて、サタンは敗北して私たちから逃げ去るでしょう。そうしてサタンに占拠されていた場所が、明け渡されることによって、そこに御国の秩序が到来するのです。この働きは、霊的なものであり、決して、地理的な領土の話であるかのように誤解されてはなりません。教会の地上の領土が広がり、教会の数が増えることや、クリスチャンの人数が増えることが、御国の拡大を意味するのではありません。御国の拡大、前進は、霊的な領域の事柄であり、何よりもまず、私たちの内側でこそ、日ごとにより深く、成就しなければなりません。まず、私たち自身の古き人が日ごとに十字架上で死に、私たちが日ごとに、古い命に従って生きるのではなく、キリストの新しい命によって生かされる新しい人とならなければ、どうして私たちは神の国を他の人にもたらすことができるでしょうか。

 一粒の麦が死ななければ、豊かに実を結ぶことはありません。これが神の国の変わらない原則です。御霊の現われを妨げている私たちの天然の命が死に渡される時、初めて、御国に収穫がもたらされるようになるのです。古き命が死んで、復活の命が芽生えた場所にのみ、御国が現れることができるのです。これが御国が地に実際にもたらされることの内容であり、私たちが自分の天然の命を拒み、神の命によって新しくされるその度合いに応じて、私たちを通じて、御国が実際に地にもたらされるのです。クリスチャンは、このようにして、神の国である教会を前進させ、神の光を世の光として輝かせ、闇を駆逐する使命を負っています。私たちがそれを成し遂げるならば、すみやかに主はこの地に来られるでしょう。

 いずれにせよ、私たちはまだサタンが激烈な活動を行っている時代に生きていることを忘れるわけにいきません。それを前にしながら、「主イエスが十字架で勝利を取られたのだから、私たちにはすることはもう何も残っていないし、私たちがもはや二度とサタンの虜にされることはなくなったので、安心して良い。」と、安易に考えてまどろむのは愚かなことです。私たちは決して、サタンを恐れる必要はありません。御子がサタンをすでに打ち負かし、世に勝ったのですから、それをあらゆる状況に対して信仰によって適用することが私たちに権利として与えられているのです。しかし、私たちが勝利を得るためには、「目を覚まして」いなければなりません。サタンが信者をさえ惑わそうと罠をしかけることを知り、目を覚まして警戒し、その罠を見破り、罪の誘惑や圧迫がやって来る時には、カルバリを拠点として、サタンに決然と立ち向かう必要があるのです。

 私たちは、御子の十字架に堅く立ち、キリストの死を絶えず自分の死として受け取り、この世の古い命の性質や、罪けがれとは一切関係のない、キリストの命によって新しく生かされることによってしか、サタンに対抗できません。しかし、それは、私たちが何も考えず、目をつぶっていても、自動的に起こる勝利ではなく、私たちが日々、信仰と意志によって選び取らねばならない決断です。ある日、十字架を信じたので、その時から、私たちにはもはやキリストの死と復活に自分を同一化することは二度と必要なくなったと考えるのは愚かなことです。

 神は人を通してサタンの敗北がこの地で実際となるよう願っておられます。そのために、神は御子の御血によって私たちのために道を切り開かれたのです。私たちは御子が開かれた道を通って実際に進んで行かねばなりません。御子によって永遠に達成された事実を、日々、信仰によって、自分自身に、また、実際の状況に適用しなければなりません。もし私たちが絶えず、キリストの死を自分の死とみなし、キリストの復活を自分の復活とみなさないならば、私たちはキリストとの結合から切り離されます。キリストとの結合から切り離されれば、御子の勝利は私たちには無関係なものとなり、私たちがサタンに勝利できる根拠はもはや何一つなくなるのです。

 十字架の意義は、罪からの贖いだけには終わりません。私たちはこの地上を生きている限り、さらに深く十字架を理解し、実際に経験していく必要があります。そのことを通して、私たちは御霊に従って歩むとは何であるかを理解し、神から賞与を得られる生き方を地上で送る秘訣を学ぶでしょう。旧創造から解放されて、罪の痕跡を一切持たない、御子の似姿なる新しい創造へと限りなく近づいていくことができるでしょう。神が人を通して実現しようと願っておられる素晴らしい計画を実際に生きることができるでしょう。
 十字架は理論ではなく、私たちが実際に経験していく必要があります。それは一歩、一歩、信仰によってたゆみなく続けられる歩みとなるでしょう。十字架はクリスチャンの生涯に、いかなる瞬間も、もはや要らなくなったとは言えないものです。十字架だけが、私たちをキリストへ結合し、私たちに、サタンに支配される旧創造に対する勝利の力を与えます。私たちが日々、目を覚まし、意志を活用して、常にカルバリの立場に立ち続けるならば、サタンは私たちから逃げ去り、主イエスが取られた勝利は、この地に実際としてもたらされるでしょう。